スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「景観政策の進化」に伴うデザイン基準等の変更について

ページ番号96405

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月15日

「景観政策の進化」に伴い,申請手続,デザイン基準等が変わります。(平成23年4月1日から実施)

 京都市では,歴史都市・京都に相応しい景観の保全と創造を目指し,景観政策に対する市民の皆様や事業者の方々の御意見を踏まえ,これまでの基本的な枠組みは維持しつつ,景観政策を進化させる取組を行いました。

 この「景観政策の進化」に伴い,平成23年4月1日から,眺望景観保全地域(近景デザイン保全区域及び遠景デザイン保全区域),建造物修景地区及び美観地区・美観形成地区(景観地区)において,申請手続,デザイン基準等が一部変更されていますので,御注意ください。

申請手続について

 「景観政策の進化」施行後の申請手続については,こちらを御覧ください。

 申請手続の案内(市街地景観課の申請手続の案内のページへリンク)

条例及びデザイン基準について

 「景観政策の進化」施行後の条例及びデザイン基準については,こちらを御覧ください。

 景観関連条例・基準集(市街地景観課の景観関連条例・基準集のページへリンク)

規制区域について

「景観政策の進化」施行後の規制区域については,こちらを御覧ください。

近景デザイン保全区域の規制区域の変更

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-213-0461

フッターナビゲーション