スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「京都市葬祭場の建築等に関する指導要綱」の改正について

ページ番号72868

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年12月16日

「京都市葬祭場の建築等に関する指導要綱」の改正について

現行の「京都市葬祭場の建築等に関する指導要綱(以下「指導要綱」という。)」では,100㎡以下の小規模な葬祭場

(以下「小規模葬祭場」という。)について,その建設を想定していなかったことなどから,指導の対象としていません。

しかし,近年,小規模葬祭場の建設により,建築紛争に至るケースが生じています。

このような状況から,京都市では小規模葬祭場についても,周辺への影響をかんがみ,指導の対象とするとともに,

指導内容の見直し等を行うため指導要綱を改正しますので,お知らせします。

指導要綱の改正概要

⑴ 小規規模葬祭場の指導対象への追加

現行指導要綱の対象としていない小規模葬祭場を対象とし,100㎡を超える葬祭場と同様の指導を行う。

⑵ 現行指導内容の見直し等

  1. 隣地境界線から葬祭場の外壁等までの距離(以下「離隔距離」という。)の最低限度を,敷地周辺の市街地環境や知覚的観点に配慮して,1.5mから2mに拡幅し,小規模葬祭場についても2m以上の離隔距離を求める。
  2. 離隔距離の規定については,これまで用途変更の場合は適用除外していたが,用途変更の場合も適用する。
  3. 離隔距離が確保された部分の緑化については,これまで住居系の地域に限り高木による緑化を求めていたが,それ以外の地域についても高木による緑化を求める。
  4. 協議等について,「京都市中高層建築物等の建築等に係る住環境の保全及び形成に関する条例」と同様に,住民及び事業者双方の協力の下に実施することを明確にした。

施行期日

平成21年12月28日 施行

(ただし,離隔距離及び高木による緑化に係る規定については,平成22年7月1日からの施行とする。)

(京都市葬祭場の建築等に関する指導要綱)

京都市葬祭場の建築等に関する指導要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築指導課

電話:075-222-3620 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション