スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市上下水道局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「令和元年度京都市上下水道事業経営評価(平成30年度事業)」の発行について

ページ番号257755

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月20日

広報資料

令和元年9月20日

上下水道局経営戦略室(672-3114)

「令和元年度京都市上下水道事業経営評価(平成30年度事業)」の発行について

 京都市上下水道局では,事業の適切な執行管理及び継続的な改善,市民の皆さまへの説明責任を果たすことを目的として,経営評価を実施しています。

 この度,令和元年度京都市上下水道事業経営評価(平成30年度事業)を実施し,本冊子及び概要版冊子を発行しましたのでお知らせします。

1 経営評価の概要等

 経営評価は,上下水道事業の経営戦略である「京(みやこ)の水ビジョン―あすをつくる―(以下「ビジョン」)」及び「中期経営プラン(2018-2022)(以下「プラン」)」において,PDCAサイクルのC(チェック)に位置付けられており,1年間の事業の成果を評価するとともに,水道事業,公共下水道事業それぞれのガイドラインに基づく財務指標や業務指標を用いた評価により,中長期的な経営分析も行っています。

  また,外部有識者等で構成する「京都市上下水道事業経営審議委員会」から,評価方法についての助言や経営評価の充実,改善等について審議いただくことで,評価の透明性・客観性を高めるとともに,制度の一層の充実を図っています。

令和元年度京都市上下水道事業経営評価(平成30年度事業)本冊子

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

令和元年度京都市上下水道事業経営評価(平成30年度事業)概要版冊子

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 評価結果等について

(1) ビジョン・プランに掲げた取組項目の評価と数値目標の達成状況

ビジョン・プランに掲げた取組項目の評価と数値目標の達成状況

視点1

京の水をみらいへつなぐ

18の取組項目に対する評価は,A評価が12,B評価が6となりました。また,数値目標については,12項目中11項目が目標達成となりました。

視点2

京の水でこころをはぐくむ

6つの取組項目に対する評価はすべてA評価となり,また6つの数値目標はいずれも目標達成となりました。

視点3

京の水をささえつづける

6つの取組項目に対する評価はすべてA評価となり,また3つの数値目標はいずれも目標達成となりました。

(2) 経営指標評価(財務指標や業務指標を用いた評価)

ア 水道事業

・ 前年度比較では,2つ((5)生産性,(7)費用)の評価区分で指標値が1ポイント以上改善し,1つ((2)資産・財務)の評価区分で1ポイント以上低下しました。

・ 「(1)収益性」,「(3)老朽化対策」,「(4)施設の効率性」,「(6)料金」はおおむね前年度並みとなりました。

・ 大都市比較では,全体の傾向は前年度までと同様でしたが,前年度比較で「(5)生産性」が大きく改善したことにより,偏差値にも一定の改善がみられました。

イ 公共下水道事業

・ 1つ((2)資産・財務)の評価区分で1ポイント以上改善しました。1ポイント以上低下した評価区分はありませんでした。

・ 「(1)収益性」,「(3)老朽化対策」,「(4)施設の効率性」,「(6)使用料」,「(7)費用」については大きな増減はなく,おおむね横ばいとなりました。

・ 大都市比較では,全体の傾向は前年度までと同様でしたが,前年度比較で「(2)資産・財務」が改善したことにより,大都市平均を上回りました。

3 その他

  本冊子は情報公開コーナー等で,概要版冊子は上下水道局お客さま窓口サービスコーナーや各営業所,区役所・支所,図書館等で本日以降,随時配布します。

  また,詳しい分析や水道事業・下水道事業ガイドライン指標等はオープンデータとして公開します。

(オープンデータアドレス):https://data.city.kyoto.lg.jp/外部サイトへリンクします

(参考)経営評価冊子の見直しについて

  当年度の経営評価については,「評価結果を次の施策につなげること」及び「市民の皆さまにより分かりやすく伝えること」を目指して,これまでの評価の仕組み自体は保持しつつ,冊子を見直しました。

1 評価結果を次の施策につなげるための工夫

・ プラン最終年度の目標に対する評価の一覧ページを設け,5箇年全体での進捗状況と今後の具体的な取組の方向性を記載

・ 「経営指標評価」において,特徴的な指標値を経年変化で示すことで,中長期の課題をより具体的に表示

2 市民の皆さまにより分かりやすく伝えるための工夫

・ 冒頭にハイライトページを設けるとともに,「経営管理の仕組み~1年間の取組状況~取組状況の評価」の3編成へと見直し

・ 「取組項目評価」で数値目標(PI)のグラフや写真を多く配して視覚的にポイントが掴みやすいように工夫

・ 詳細なデータ類はホームページに掲載し,オープンデータとしても公開します。冊子自体の分量を見直し(約140ページ→約50ページ),全ページをカラー化

・ 概要版について,市民の皆さまにより手に取っていただきやすいよう,A4カラー3ツ折り・6ページに見直し

お問い合わせ先

京都市 上下水道局経営戦略室

電話:075-672-3114

ファックス:075-682-0289