スマートフォン表示用の情報をスキップ

自転車乗車時のヘルメット着用について

ページ番号311679

2023年5月1日

自転車乗車時のヘルメット着用について

ご意見要旨

 令和5年4月からの自転車乗車時のヘルメット着用が努力義務化されたが、市民しんぶんに掲載する等してはどうか。また、定着させるために、職員が率先して着用することが必要ではないか。

回答要旨

 令和5年4月1日から、自転車乗車時のヘルメットの着用が全年齢で努力義務化され、ヘルメット着用の努力義務化に関する周知については、京都市が発行している「市民しんぶん3月号」に掲載したほか、本市ホームページや各種の啓発印刷物を通じて、周知啓発を行っております。

 今回の法改正の目的としては、警察庁によると「大人も含めて着用を習慣化することで、事故による被害を最小限におさえていきたい」ということであり、本市もこの主旨に則り、御自身の身を守っていただくため、ヘルメット着用の習慣化に努めるよう呼び掛けてまいります。

 また、本市では、自転車乗車時のヘルメット着用の努力義務化に際し、職員が公務で自転車を使用する際は、自転車用ヘルメットの着用を率先垂範することは勿論、交通ルールを遵守し安全に走行するよう、全職員に通知を行っております。
 今後とも、正しく安心・安全に自転車を利用できる環境づくりに取り組んでまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

(回答日:令和5年4月6日)

担当課

建設局自転車政策推進室

電話:075-222-3565

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286

フッターナビゲーション