スマートフォン表示用の情報をスキップ

都市計画の見直しについて

ページ番号311600

2023年5月1日

都市計画の見直しについて

ご意見要旨

 都市計画見直しのパブリックコメント冊子を見て、東部方面の外環状線沿道の都市計画見直しについて、その理念に賛同している。ただ、建築基準法上の日影規制の制限があるため、コンセプトにある良質でリーズナブルな共同住宅の建設は実現できないのではないか。

回答要旨

 外環状線沿道での都市計画見直しは、高さや容積率をインセンティブとして都市空間の魅力の向上につなげることを目的としており、パブリックコメント冊子に掲載している説明やパース(立体的な絵で表現したもの)については、紙面の都合等がある中、都市計画見直しの意図をわかりやすく表現したものとなっております。

 また、都市計画の見直しに当たっては、「誘導(動機付け)に向けた視点」と「誘導を阻害する要因の解消に向けた視点」の両面から検討を行い、外環状線沿道については、幹線沿道の街区の奥行きを考慮し、沿道利用の一体性の観点から商業地域の指定幅を見直すこととしたものです。

 この際、各種規制を考慮した建築可能な規模等について検討を行っておりますが、敷地の規模や形状によって影響の程度はさまざまであり、また、計画自由度の向上と周辺の住環境への配慮とのバランスを考慮して、都市計画の見直し内容を検討してきたものであり、ご理解賜りますようお願いします。

 

  (回答日:令和5年4月3日)

担当課

都市計画局都市企画部都市計画課

電話:075-222-3505

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286

フッターナビゲーション