スマートフォン表示用の情報をスキップ

道路の立体交差点化について

ページ番号309047

2023年3月1日

道路の立体交差点化について

ご意見要旨

 京都市内の主要幹線道路である堀川通の交通渋滞を立体交差点化で解消してほしい。

回答要旨

 堀川通は、市内中心部の南北方向の自動車交通を担う重要な道路であり、一部区間(五条通~九条通間)は国道1号として国土交通省が管理しています。  

 堀川通のJRアンダーパスについては、車線数が片側3車線から2車線に減少し、ボトルネック箇所となっているため、当該区間を管理する国に対して、堀川通の機能強化(バイパス整備等)の要望を以前から行っており、現在、国において、交通渋滞の解消に向けた検討が進められています。本市といたしましても、引き続き要望を行っていくとともに、国の検討結果を踏まえた本市管理区間の対策の必要性について検討してまいります。  

  

(回答日:令和5年1月4日) 

担当課

建設局建設企画部建設企画課  

電話:075-222-3551

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286

フッターナビゲーション