スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「Kyo-working Tour(京都視察ツアー)」を開催!~Why Kyoto? - なぜ京都で暮らし、働くのか~

ページ番号305821

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年11月17日

広報資料

令和4年11月17日

総合企画局(東京事務所 電話03-6551-2671)

「Kyo-working Tour(京都視察ツアー)」を開催!~Why Kyoto? - なぜ京都で暮らし、働くのか~

image

 京都市では、企業誘致をはじめとした投資・支援を呼び込むため、「京都で暮らし、京都から働く」新しいワークライフスタイル「Kyo-working(京ワーキング)」の魅力紹介やビジネス面での京都市の強みを広く訴求するための連続イベントを開催しています。

 この度、連続イベントの一環として、京都への進出に必要な情報や現地でのネットワークを提供する「Kyo-working Tour(京都視察ツアー)」を下記のとおり開催しますので、お知らせします。

 京都市への進出を検討されている企業の皆様や、「京都から働く“kyo-working”」の魅力を現地で体感したい方などのお申し込みをお待ちしております!

 

〇 「Kyo-working Tour(京都視察ツアー)」

1開催日 令和4年12月16日(金曜日)正午~午後7時

     ※当日の状況により時間は前後する可能性があります。

     ※当日は正午にJR京都駅集合。詳細は抽選結果と併せて御案内します。

     ※昼食は済ませてお越しください。

 

2場  所 京都市内各所

      京都で活動する起業家や経営者、京都へ進出したスタートアップの京町家オフィス、次のクリエイティブ

     エリアとして注目を集める京都芸大隣接の将来活用地、菊浜エリアを巡り、「Why Kyoto? - なぜ京都で

     暮らし、働くのか」をテーマに、このツアーだからこそ会える人との出会い、得られる体験を御提供します。


3申込期間 11月30日(水曜日)まで

 

4申込方法 下記のリンクよりお申込みください。

      外部サイトへリンクしますhttps://kyo-working-tour-20221216.peatix.com外部サイトへリンクします

      Peatixにて「参加抽選申込」へお申し込みください。抽選の結果、当選された申込者へ、当選の御連絡と

     参加方法などの御案内をお送りします。残念ながら落選された申込者には、事務局より落選の御連絡を差し

     上げます。


5定員   10名(応募多数の場合は抽選)

      ※抽選結果は12月2日(金曜日)に案内予定。

      ※最少催行人数は5名。

 

6参加費 3,000円(税込)

     ※JR京都駅までの交通費等は別途参加者負担となります。

     ※参加費には当日(集合後から解散まで)の移動費用、傷害保険が含まれます。


QRコード

 お申込みはこちら↑

訪問先(予定)

 ※調整中につき、訪問先等が変更になる可能性があります。

 

訪問先1:UNKNOWN KYOTO

登壇者:近藤 淳也 氏(株式会社OND代表取締役 / 株式会社はてな取締役)

内容:株式会社はてな創業者であり、現在は株式会社OND代表取締役として京都市内でコワーキングオフィスを運営する、近藤氏を訪問し、京都で活動する理由や、京都で暮らし・働く魅力を探索します。


訪問先2:株式会社イクリエ 京都オフィス

登壇者:濵島 広平 氏(株式会社イクリエ代表取締役)

内容:東京に本社を置く映像とモノ作りの会社でありながら、京都市内の町家に拠点を構える濱島氏を訪問し、首都圏企業が京都に拠点を置くメリットや、町家オフィスの魅力を探索します。


訪問先3:LURRA°

登壇者:宮下 拓己 氏(LURRA° 共同オーナー)

内容:ニュージーランドでヘッドシェフとして同国内最高ランクの評価を受賞し、Forbes JAPAN 30 UNDER 30に選出された経営者でもある宮下氏を訪問し、京都でLURRA°をオープンした背景や、新たなビジネス展開など、都市としての京都の魅力を探索します。


訪問先4:QUESTION(交流会)

内容:京都信用金庫が運営するコワーキングスペース「QUESITON」にて、京都に進出し活動する企業や、行政を含む官民の産業支援機関、地域金融機関などとの交流会を開催し、市内のプレイヤーとのネットワーク構築や、移転検討に必要な情報収集の機会を提供します。

≪参考≫~京都での新しい働き方・暮らし方~“Kyo-working(京ワーキング)”とは

京都に逗留して、京都から首都圏や海外のチームと協働する。街や人、そして都市のすぐ近くに在る自然からのインスピレーションを得ながら、新しい事業のビジョン策定に集中する。そんな働き方が今、着実に増えています。

京都市は、こうした背景から、企業の本市への拠点進出を促進するために、「京都で暮らし、京都から働く」新しいワークライフスタイルを、“Kyo-working(京ワーキング)”と名付けました。

これまで文化都市、観光都市として国内外に評価されてきた側面に加えて、経営者のクリエイティビティを刺激し、他にはないシナジーを事業にもたらす「ビジネス都市」として、京都市の新しい魅力を、企業誘致活動を通して発信してまいります。

 

■京都市企業誘致サイト“Kyo-working(京ワーキング)”

URL:https://kyo-working.city.kyoto.lg.jp/外部サイトへリンクします

WEBサイト

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局 東京事務所

電話:03-6551-2671

ファックス:03-6551-2674

フッターナビゲーション