スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】キエフ市支援に係る寄付受納(京都ロータリークラブ)について

ページ番号296125

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月23日

キエフ市支援に係る寄付受納(京都ロータリークラブ)について

 この度,京都市では京都ロータリークラブから「姉妹都市キエフ市の復興支援」に役立てていただきたいとの金員の寄付のお申出があり,下記のとおり受納式を行いますので,お知らせします。

1 受納日時

令和4年3月28日(月曜日)午前11時30分~午前11時45分

2 受納場所

京都市役所本庁舎3階 第一応接室

3 受納式出席者(予定)

(1)寄付者 京都ロータリークラブ 会長 立木 貞昭  様

                      幹事 菅原 貴也  様

                      次年度会長 長谷川 忠夫 様

                      国際奉仕委員長 志村 雅之 様

                      国際奉仕副委員長 太田 裕久 様

(2)受納者 京都市長 門川 大作

4 寄付金額

金500万円

5 クラブ概要

 京都ロータリークラブは,大正14年創立の伝統あるクラブで,190名の会員が在籍されています。国際ロータリーの創始者ポール・ハリス氏の精神に則り,各種奉仕事業(以下の取組を含む社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕など)に取り組んでおられます。

(各種奨学金制度)ロータリー財団奨学金制度,米山奨学金制度,京都R.C.青少年奨学金制度

(国際青少年交換)高校生の留学生交換制度

(青少年育成)青少年指導者養成プログラムの主催など

(国際奉仕事業)カンボジア・ミッション (中学校校舎建設,口腔教育,体育教育,ゴミ焼却炉造設)

(その他)京都ロータリークラブ,並びに地区事業に協賛して寄付,寄贈等

6 寄付の御趣旨(会長コメント)

 去る2月24日,ロシアの軍事侵攻が首都キエフを含むウクライナ各地で砲撃や空襲で始まり,その後も終結に向かう兆候なく,被害は甚大であると各報道により伝えられております。

 キエフは京都市の姉妹都市として1971年より親交を深め,昨年には50周年の節目を迎えました。京都市内においてもウクライナの平和や戦闘の終結を願い市民集会や献花など祈りや抗議の行動が行われております。

 今まさに キエフと永年 親交を深めてきた京都のクラブとして,人として私達に出来る行動を起こすべきと強く感じ入り,支援活動に参加するものです。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際交流・共生推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション