スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成21年度「京都市長と京都府知事との懇談会」概要

ページ番号294419

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年2月7日

平成21年度「京都市長と京都府知事との懇談会」概要

平成21年度「京都市長と京都府知事との懇談会」概要

 平成21年7月28日に,門川大作市長と山田啓二知事との懇談会を開催しました。

 冒頭,市長は,府市協調をさらに進め,府市が地域主権時代のモデルとなることを確認するとともに,政策の企画段階から相互に連携協力することや市民と直接関わる基礎自治体を重要視した府政運営の必要性を強調し,京都市域と市域外の取扱いに差を設けないことを改めて確認しました。

 また,昨年設置を合意した府市行政協働パネルの成果として,鴨川河川敷の放置自転車を京都市が一元撤去し,撤去自転車の保管場所と駐輪場用地を京都府が提供することで合意,今後も駐輪場用地の確保で協調していくことを提案しました。

 バスなどの公共交通車両を優先的に走行させるためのシステムであるPTPS(市バス車両優先システム)を7年ぶりに拡充することで合意し,あわせて,今後,河原町通を京都駅まで,加えて東大路通へも拡充することと,違法駐車,バス専用レーンの取締強化を要請しました。

 さらに,府に対して財政支援などの協力を求めた中央卸売市場と消防ヘリコプターについては,府市行政協働パネルでの協議を合意。地球温暖化対策条例の改正に当たり,知事からの協調提案に対して,市長は中長期も含めて同じ目標で二重行政にならないようパネルで徹底的な議論を行うことを提案しました。

関連コンテンツ

府市協調

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション