スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】NISHIJIN+が新たなコラボレーション商品を開発!!~「まるごと美術館」で商品展示を行います~

ページ番号291205

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年11月10日

広報資料

令和3年11月10日

京都市総合企画局(プロジェクト推進室 プロジェクト推進第四担当 TEL:222-3992)

西陣ロゴ

NISHIJIN+が新たなコラボレーション商品を開発!!~「まるごと美術館」で商品展示を行います~

 京都市では,「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」に掲げる活性化方策の具体化を図るため,新たな活性化プロジェクト※1「NISHIJIN(ニシジン)+(プラス)」(株式会社WAlive(ワライブ)※2が提案)の取組を進めています。
 この度,プロジェクトで開発したコラボレーション商品が完成し,共同開催する「まるごと美術館※3 2021年秋」において展示しますので,お知らせします。

1 プロジェクト概要

 西陣の伝統産業と様々な産業やブランド等とのコラボレーション商品の開発・販売を行い,地域力を活かした展示イベントの開催などを通じて,西陣の歴史やその商品の魅力を広く発信するプロジェクト。また,これらの取組の実施により,地域への人の呼び込みを図るとともに,地域の中で世代を跨いだつながりをつくることを目指しています。
 西陣を「新たな文化が生まれる場所」として再定義し,将来に渡り持続可能な産業が息づくまち「西陣」を創り出すことに取り組みます。

2 コラボレーション商品の完成

 伝統技術を大切にしながら,常に新しい挑戦を続けている,西陣の箔工芸「西山治作商店」※4が,京都の漆工房,京提灯の老舗とコラボレーションし,文化への関心が高く暮らしを豊かにしたいと考えている人をターゲットに開発した,第1弾及び第2弾の商品が完成しました。

第1弾:箔の一輪挿し

西山治作商店 × 柴田漆工房(西陣の箔工芸と京都の漆工房がコラボ)

《商品説明》
 西陣織で培ってきた引箔の技術を活かし,若手木工職人の挽いた一輪挿しをモダンでシックな,落ち着きを兼ね備えた柄に加工。箔独特の輝き・豪華さと,優しく暮らしに馴染む形状の一輪挿しが,均質化する現代の暮らしに潤いをもたらす。

箔の一輪挿し

 

第2弾:箔提灯

西山治作商店 × 小嶋商店(西陣の箔工芸と京提灯の老舗がコラボ)

《商品説明》
 引箔と提灯,京都を美しく⽀えてきた伝統技術のコラボレーション。美しく清々しい青色の箔で「豊灯型」という横長の提灯を飾った次世代の提灯は,実り多く明るい未来への期待を私たちに与えてくれる。

箔提灯
箔提灯

 

【商品の販売について】
 今後,販売に必要となる数量の生産を進め,2022年初めから,株式会社WAliveウェブサイト等において,制作のストーリーなどを可視化し,西陣の歴史や文化の魅力を発信しながら販売する予定です。
※ 株式会社WAliveウェブサイト ⇒ https://walive.net/外部サイトへリンクします
※ 百貨店等での販売も調整中。

3 「まるごと美術館 2021年秋」の共同開催及び商品の展示

 西陣地域の活性化の取組として定着している「まるごと美術館 2021年秋」を共同開催し,開発したコラボレーション商品を展示します。
 展示を通じて,コラボレーション商品の魅力を地域内外に広く発信するとともに,「まるごと美術館」のプログラムの充実を図り,更に地域の魅力を発信する取組へと発展させていくことを目指します。
【会場】妙顯寺,妙覺寺,妙蓮寺
【日時】令和3年11月14日(日曜日)~12月5日(日曜日)
      妙顯寺:10時~16時,18時~20時
         妙覺寺:10時~15時,18時~19時30分
【拝観料】800円(小学生以下無料)
※ コラボレーション商品は,妙顯寺で展示します。
※ 妙蓮寺は,11月23日, 27日, 28日, 12月4日,5日の夜のみ開催(オンライン同時開催)。日により時間・料金が異なり,事前予約が必要です。
【主催】まるごと美術館実行委員会,NISHIJIN(ニシジン)+(プラス) 等

まるごと美術館

4 今後のプロジェクト展開イメージ

⑴ 年度ごとの取組予定


※ 令和3年度及び令和4年度(予定)は京都市委託事業,令和5年度以降は民間事業としてプロジェクトを展開します。

⑵ 令和3年度のプロジェクトの取組予定
 ・ 新たなコラボレーション商品の開発(随時)
 ・ ECサイト等で開発したコラボレーション商品を販売(随時)
 ・ まるごと美術館(春)を共同開催するとともに,コラボレーション商品等を展示し,西陣の魅力を発信(令和4年3月)

 

<補足情報>
(※1)新たな活性化プロジェクト
 
活性化ビジョンに掲げる将来像を具体化するプロジェクトを企画・運営し,民間主体の自立的な取組を展開させ,活性化の動きをエリア全体に広げていくことを目指している。公募型プロポーザル方式により受託者を選定して業務を発注し,本市がその初期取組(2年間)を支援するもの。
 令和元年度からの2年間で2プロジェクトの事業が実施されるとともに,令和3年度からは,「NISHIJIN+」と「西陣ネイバーフッド」の新たな2プロジェクトが事業を開始している。

(※2)株式会社WAlive【代表取締役 菅 真継】
 
京都の職人とともに,文化・伝統が活きた新しい暮らしを創り出すことを目的に,文化や伝統に関わる新商品の開発,インターネットや実店舗等での販売,伝統産業と様々な分野との接点を創出することなどに取り組んでいる。

(※3)まるごと美術館【まるごと美術館実行委員会 代表 菅 真継】
 
西陣エリアの 寺社仏閣の特別拝観と合同で開催する「春・秋の展覧会」。2017年の秋から開催され,寺宝に加えアート作品や伝統工芸品の展示を行うとともに,ライトアップなどを実施し,京都らしい建築や文化財,地域の魅力を発信・体験していただくイベントとなっている。

(※4)金銀模様箔製造卸西山治作商店(京都市北区紫野東藤ノ森町2)
 
創業以来,受け継がれた伝統技術を生かし,400年余の京都・西陣の帯を支える人の手でしか生み出せない「美」を追求している。箔や塗料を何層にも重ねることで生み出される模様は,薄く,柔軟性があり,素材の風合いを損ねることなく,しかも深み(立体感)を持っており,そのバリエーションは,無限の可能性を秘めている。伝統の技術を大切にしながら常に新しい挑戦に挑み続けている企業。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

総合企画局 プロジェクト推進室
電 話:075-222-3992
FAX:075-213-0443

フッターナビゲーション