スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】~公民連携・課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」~「電照広告の空き枠を使った地下鉄の賑わい創出」について

ページ番号290568

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年10月21日

広報資料

令和3年10月21日

総合企画局(総合政策室SDGs・市民協働推進担当 075-222-3178)

保健福祉局(障害保健福祉推進室 075-222-4161)

交通局(企画総務部営業推進課 075-863-5056)

~公民連携・課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」~「電照広告の空き枠を使った地下鉄の賑わい創出」について

 京都市では,公民連携・課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」(※下記「3 参考」を参照)において,民間企業等と行政が連携して,様々な課題解決に取り組んでいます。

 この度,京都市交通局が提示した「電照広告の空き枠を使った地下鉄の賑わい創出」の課題に対し,特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構(通称:天才アートKYOTO)から連携提案があり,「オリジナリティあふれる障害者アート作品で公共空間に感動と華やぎを」生み出すべく,取組を進めていくこととなりましたので,お知らせします。

1 企画概要

「電照広告の空き枠を使った地下鉄の賑わい創出」

市営地下鉄烏丸線各駅のホーム及びコンコース内の空いている電照広告枠に障害者アート作品を掲示し,駅空間に華やぎや安らぎを創出します。

※掲載開始:令和3年12月頃(予定)



障害者アート作品例(知原 諒汰「人シリーズ」)


障害者アート作品例(服部 可菜恵「ハス」)

2 連携提案団体

(1) 団体名: 特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構(通称:天才アートKYOTO)

(2)  きたアトリエ所在地: 京都市北区紫野西舟岡町2番地 ふれあい共生館内

(3) WEBサイト: 外部サイトへリンクしますhttp://tensai-art.kyoto/about/外部サイトへリンクします

(4) メールアドレス: [email protected]

(5) 担当: 副理事長 重光 豊,プログラムディレクター 伊東 宣明

 


<二次元コード>


障害者アート作品例(三津田 一輝「雷神」)


地下鉄烏丸線 駅構内の電照広告枠


地下鉄烏丸線 駅ホーム内の電照広告枠

3 参考

公民連携・課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」とは

本市が抱える様々な行政課題その他の社会課題に対し,民間企業等から課題の解決に資する技術やノウハウ,アイデアなどを募集したうえで,課題提示部署と民間企業等が一緒になって,実証実験や具体的実践等により課題解決に取り組む仕組みです。

 

WEBサイト「KYOTO CITY OPEN LABO」

URL:open-labo.city.kyoto.lg.jp外部サイトへリンクします

 

<二次元コード>


「KYOTO CITY OPEN LABO」トップページ

4 問い合わせ先

・ 公民連携・課題解決推進事業等についての問い合わせ

  京都市総合企画局 総合政策室  TEL:075-222-3178

・ 障害者アート等についての問い合わせ

  京都市保健福祉局 障害保健福祉推進室  TEL:075-222-4161

・ 電照広告等についての問い合わせ

  京都市交通局 企画総務部営業推進課  TEL:075-863-5056

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室市民協働推進担当

電話:075-222-3178

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション