スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

令和3年経済センサス‐活動調査について

ページ番号283993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年5月11日

経済センサス‐活動調査とは

 経済センサスは,事業所及び企業の経済活動の状態を明らかにし,我が国における包括的な産業構造を明らかにするとともに,事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備することを目的としています。

 令和元年度に実施した「基礎調査」は,事業所・企業の属性など,基本的な事項の把握に重点を置いたものです。
このたびの「活動調査」は,売上・費用,設備投資など,企業の経済活動に重点を置いたものとなります。

令和3年経済センサス‐活動調査のキャンペーンサイト

調査の概要

実施主体

 総務省,経済産業省,都道府県,市区町村

調査の期日

 令和3年6月1日現在を基準日として調査を実施します。

調査の対象

 原則として,全国すべての事業所・企業を対象とします。

調査の方法

調査員調査

 都道府県知事が任命した調査員が,5月中旬から事業所に訪問し,各事業所等に調査書類を配布します。なお,京都市においては,新型コロナウイルス感染症対策として,郵便受け等がある事業所については,ポスティングにより配布する場合があります。

直轄調査

 企業の本社などが一括で回答する事業所については,国から本社に調査票が郵送されます。

回答方法

 原則として,インターネットによる回答もしくは郵送回答のどちらかによりご回答ください。

インターネットによる回答

 安心・安全のセキュリティや,ご都合に合わせていつでも回答可能であることなど,たくさんのメリットがあります。ぜひ,インターネット回答をご活用ください。

郵送回答

 紙の調査票に同封されている返信用封筒をご使用ください。

調査結果の利用

 「経済センサス」の調査結果は,国及び地方公共団体における行政施策の立案や,民間企業における経営計画の策定など,社会経済の発展を支える基礎資料として広く活用されています。

 回答いただいた内容は,統計法の規定により,適正に管理します。秘密の保護には万全を期しており,統計作成目的以外(例えば徴税資料など)に使用することはありませんので,安心してご回答ください。 

調査を装った「かたり調査」について

 経済センサス‐活動調査を装って,訪問・電話・電子メールなどにより,事業所の情報を聞き出そうとする事例(いわゆる「かたり調査」)が発生する恐れがありますので,十分にご注意ください。

 「かたり調査」は,統計調査の実施を妨げるだけでなく,詐欺やその他の犯罪にもつながりかねません。調査員は,その身分を証明する『経済センサス‐活動調査 調査員証』及び『従事者用腕章』を携帯していますので,不審に思った際には回答せずに,速やかに統計解析担当(075-222-3216)にお知らせください。

新型コロナ禍における調査の実施について

 経済センサス-活動調査は,統計法に基づく国の基幹統計調査であり,その調査結果は我が国の社会経済の発展を支える基礎資料となることから,緊急事態宣言下であっても,新型コロナウイルス感染症対策を行ったうえ,調査を実施します。

 京都市では,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から,調査書類の配布や受け取りを,できる限りみなさまと調査員が対面しない非接触の方法で行うようにしています。また,調査員は調査票の回収を行いませんので,インターネットまたは郵送によりご回答ください。

 事業所,企業のみなさまにおかれましては,調査へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

関連リンク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局情報化推進室統計解析担当

電話:075-222-3216

ファックス:075-222-3218

フッターナビゲーション