スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」による 「マイ文化」フォト&ムービーコンテストの開催について

ページ番号277498

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月13日

広報発表

令和2年11月13日

総合企画局(総合政策室SDGs・市民協働推進担当 222-3178)(文化庁移転推進室 222-4200)

「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」(以下「文化庁チーム」という)は,平成28年11月に,文化庁の京都移転を契機に,「文化の力で日本を元気にするために,自分たちに何ができるか」を考え,連携して互いの取組の推進を図るなど,市民ぐるみで行動することを目的に結成されたチームです。

この京都に息づく「日本伝統の生活文化,精神文化や,多彩な文化芸術」の更なる振興・発信に取り組む文化庁チームの活動の一環として,「文化はチカラ」を合言葉に,「#マイ文化」のハッシュタグを付けて,自分だけのオリジナルの文化を発信する,SNSを活かしたプロジェクトに取り組んできました。

この度,コロナ禍で今まで見過ごしてきたかもしれない,暮らしに息づく文化を改めて感じ,文化の力が広がるよう,「マイ文化」をキーワードとして,コロナ禍においても変わらない「マイ文化」や,コロナ禍だからこそ生まれた新しい「マイ文化」等に関するフォト&ムービーコンテストを実施しますので,お知らせします。

1 募集テーマ

「マイ文化」

※マイ文化とは

文化庁チームから生まれた言葉。人は,それぞれ個々人のオリジナルの嗜好性,流行しているものごと,興味関心(例:マイブーム)を持っているが,その中でも,「文化」の領域に関するマイブームを「マイ文化」と呼ぶ。

2 応募期間

令和2年11月15日(日曜日)~令和3年1月11日(月曜日)

3 応募資格

プロ・アマチュア,年齢不問。国内に在住の方であれば,どなたでも御応募いただけます。

4 応募方法(別添チラシ参照)

【フォト部門】

instagram又はホームページ(応募フォーム)

【ムービー部門】

ホームページ(応募フォーム)

5 入賞

金賞:各部門1点・・・商品券5万円分

銀賞:各部門1点・・・商品券2万円分

銅賞:各部門1点・・・商品券1万円分

入選:各部門5点・・・商品券3千円分

6 審査・結果

専門家及び主催者による厳正な審査のうえ,令和3年2月下旬頃に入賞者にお知らせします。

7 入賞作品発表

公式ホームページ,京都市広報物への掲載

嵐電(京福電気鉄道)車両への展示等

8 お問い合わせ

「マイ文化」フォト&ムービーコンテスト運営事務局(株式会社エーゲル内)

TEL:075-882-6906

「マイ文化フォト&ムービーコンテスト」公式ホームページ

https://mybunka-contest.com外部サイトへリンクします (※HPは11月15日より公開予定)

「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」名簿(令和2年11月現在)

氏名

所属

足立 五郎

公益社団法人京都青年会議所 理事長

伊豆田 千加

特定非営利活動法人

子育ては親育て・みのりのもり劇場 理事長

植松 明彦

京都市PTA連絡協議会 会長

角谷 和好

特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構 理事長

川端 悠輔

第18回京都学生祭典実行委員会 実行委員長

笹岡 隆甫

華道「未生流笹岡」家元

ジャック・パイエ

合気道無限塾 代表

黒瀬・パイエ

合気道無限塾

杉山 準

特定非営利活動法人 劇研 理事・事務局長

園部 晋吾

京都料理芽生会 会長

竹内 弘一

KBS京都 キャスター・パーソナリティー

だんまる

ヤッサン一座の紙芝居 座長

はるる

ヤッサン一座の紙芝居

徳山 哲大

京都商工会議所青年部 会長

信國 明子

京都市メディア支援センター

松山 大耕

臨済宗妙心寺退蔵院 副住職

広報資料・チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

総合企画局 総合政策室 SDGs・市民協働推進担当
電話: 075-222-3178 ファックス: 075-212-2902

フッターナビゲーション