スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】国際連合大学と京都市による社会的課題の解決に向けた協働プロジェクトについて ~京都を舞台としたSDGsの実現に向けた社会実装研究事業~

ページ番号261183

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年12月25日

国際連合大学と京都市による社会的課題の解決に向けた協働プロジェクトについて ~京都を舞台としたSDGsの実現に向けた社会実装研究事業~

令和元年12月25日(水曜日)

総合企画局総合政策室 075ー222ー3379

 

 国際連合大学(国連大学)※及び京都市では,世界に先駆けてSDGsの達成に寄与する社会実装の研究を,民間企業等と連携しつつ,京都を舞台に協働して進めていくこととしました。これにより,京都市の社会的課題の解決とともに,その取組の国内外への展開も目指します。

 現在,両者による協定の締結と取組テーマ等について検討を進めており,決まり次第改めてお知らせします。

 

※  国際連合大学

   国連大学は,地球規模の課題解決のために設立された国連のシンクタンクおよび学術機関。

   世界12箇国にまたがる14の研究所において,持続可能な開発目標(SDGs)の全ての範囲に関する研究,

   政策提言と教育に取組中。日本に唯一本部を置く国連機関として1975年から活動を開始。

プロジェクトの概要 

 

1 枠組み   国連大学と京都市が協定を締結(令和2年3月頃を予定)し,両者が連携して取り組む社会課題(テーマ)を

        決め,京都市は社会実装に向けた場の提供を行い,国連大学はSDG企業戦略フォーラムを中心に,

        民間企業や研究機関等と連携して,その解決のための実証実験や社会実装等を行う。

 

2 連携先   ⑴ SDG企業戦略フォーラム  

  (予定) ⑵   本プロジェクトに共感する企業(京都市内の企業等),研究機関

         ※ 連携先は検討中

 

(参考) SDG企業戦略フォーラム

      企業の経営層,戦略部門におけるSDGsの浸透を通じた,企業の長期的・持続的成長への寄与と持続可能な社会

      の実現への貢献を目的として,2017年10月に立ち上げ。企業約20社で構成。

      座長は沖大幹国連大学上級副学長。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室SDGs・レジリエンス戦略担当

電話:075-222-3379

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション