スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和元年度「大学・地域連携サミット」の開催について

ページ番号258349

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年10月4日

広報資料(大学同時)

令和元年10月4日

京都市総合企画局(総合政策室 電話222-3103)

(公財)大学コンソーシアム京都(電話353-9130)

令和元年度「大学・地域連携サミット」の開催について 『大学・学生✖地域』のさらなる“極”へ ~「大学のまち京都・学生のまち京都」ならではのまちづくり~

 京都市及び公益財団法人大学コンソーシアム京都では,地域と連携した活動を通じて学生が学ぶ実践的な教育プログラムの開発・実施に全学的に取り組む大学を支援する「学まち連携大学」促進事業を平成28年度から実施しています。


 この度,「学まち連携大学」促進事業をはじめ,大学・学生と地域の連携事例の発信と参加者相互の交流機会として,下記のとおり,令和元年度「大学・地域連携サミット」を開催しますので,お知らせします。

1 日時

令和元年12月1日(日曜日)午前10時~午後0時40分

※ ポスターセッションは,午後2時まで実施

2 場所

キャンパスプラザ京都 5階第1講義室/2階ホール

(京都市下京区西洞院通塩小路下る)

3 内容

⑴ 基調講演

テーマ:つながりが生みだす若者の学びと地域の元気 ~<自分たちごと>のまちづくりに向けて~

講演者:坂倉 杏介 氏(東京都市大学 都市生活部 准教授)

坂倉 杏介 氏

多様な主体の相互作用によってつながりと活動を創出する「コミュニティ・プラットフォーム」という視点から,コミュニティの形成過程やワークショップの体験デザインを実践的に研究。
港区のコミュニティ活性化事業を手がけるほか,地域づくりや企業におけるコミュニティ形成プロジェクトに多く携わる。三田の家LLP代表。(一社)ユガラボ理事。(一社)世田谷コミュニティ財団 理事

⑵ 「学まち連携大学」促進事業 取組発表

テーマ:「学まち連携大学」促進事業の取組について

発表者:「学まち連携大学」促進事業採択大学

(参考)「学まち連携大学」促進事業 採択大学一覧(6大学)

大 学 名

事 業 名

大谷大学

北区・北大路地域を中心とした大学・地域連携事業

京都教育大学

「京都に学ぶ・京都を発信する」をサポートするプチコンテンツ・セルフガイド制作

京都女子大学

「地域系女子養成プログラム(副専攻)」の構築

-地域社会を支える女性リーダーの養成をめざして-

京都橘大学

山科・醍醐地域で「育ちあう、響きあう」地域連携型教育プログラム

同志社女子大学

京町家を中核とした未来の京都まちづくりプログラム

龍谷大学

多世代・多文化協働による地域連携型教育プログラムの展開-学生と地域が共に学びあう「コミュニティベースドラーニング」の実現をめざして-

⑶ パネルディスカッション

テーマ:地域連携の全学的な推進と今後への期待

パネリスト:「学まち連携大学」促進事業採択大学代表者

⑷ ポスターセッション

大学・学生と地域によるまちづくり事例の紹介と,参加者同士の交流を深めるポスターセッションを行います。

(昨年の様子)
(昨年の様子)

⑸ 参加申込み

(公財)大学コンソーシアム京都のホームページから,又は電話で申込み。

受付期間:令和元年11月1日(金曜日)~令和元年11月29日(金曜日)

申込先:(公財)大学コンソーシアム京都 調査・広報事業部 

URL:http://www.consortium.or.jp/chiiki-summit-form外部サイトへリンクします

電話:075―353-9130

参加費:無料

定員:200名(定員に達し次第,受付を終了します。)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室大学政策担当

電話:075-222-3103

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション