スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ(仮称)」開発学生プロジェクト 参加学生の募集について

ページ番号253043

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月3日

広報資料(大学同時)

令和元年6月3日

総合企画局(総合政策室大学政策担当 電話075-222-3103)

「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ(仮称)」開発学生プロジェクト 参加学生の募集について

 「京都ならではの学び・魅力向上」協議会は,京都でしか味わえない学生生活を実現する様々な取組や学生向けの各種情報を,学生に直接かつ確実に届けるため,学生向けアプリ(「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ(仮称)」)の開発を行います。

 この度,より多くの学生に利用していただくけるアプリとするため,学生ならではの視点でアプリ機能の検討等を行う「「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ(仮称)」開発学生プロジェクトチーム(以下,「プロジェクトチーム」という。)」を立ち上げ,参加学生を募集しますので,お知らせします。

1 プロジェクトチームの概要

 京都で学生生活を送る学生のためのアプリを,より多くの学生に利用してもらうために,10人の学生(※)が2チームに分かれ,学生ならではの視点で,アプリ機能やPR策の企画検討等を行います!
※ 10人の内,8人を公募し,残り2人は協議会が指定する学生により構成。

2 募集期間

令和元年6月3日(月曜日)~6月30日(日曜日)

3 定員

8名(先着順。定員になり次第締め切り)

4 対象

大学コンソーシアム京都に加盟する大学,短期大学に在籍する学生(留学生大歓迎!)

5 活動場所

キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下る)他
※ アクセス:各線京都駅から徒歩5分

6 参加費

無料(活動に係る交通費等の経費は,原則自己負担)

7 申込方法

 申込フォーム(https://forms.gle/soSq17nz4kfZ9A1B9外部サイトへリンクします)又は,メール(info@glocalcenter.jp)にてお申込みください。
※ 申込み後,面談(プロジェクトの詳細についての説明及び志望動機等の聞き取り)を行います。
※ メールの場合は件名を「アプリ開発プロジェクト申込」とし,下記の必要事項を御記載ください。

【必要事項】

  • 氏名
  • ふりがな
  • 大学名
  • 学年
  • 連絡先(電話番号及びメールアドレス)
  • 面談希望日

8 主催

「京都ならではの学び・魅力向上」協議会
構成団体:京都市,(公財)大学コンソーシアム京都,京都経営者協会,
(公財)京都高度技術研究所,京都学生祭典実行委員会,京都学生広報部

9 問合せ先

特定非営利活動法人グローカル人材開発センター(担当:木下)
住所:〒602-8061
京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地
西陣産業創造会館(旧西陣電話局)2階
電話:075-411-5010
メール:info@glocalcenter.jp

(参考1:「京都ならではの学び・魅力向上」協議会について)

1 概要
 京都市や(公財)大学コンソーシアム京都,地域,企業等の多様な主体による,京都でしか味わえない学生生活を実現する様々な取組や学生向けの各種情報を,学生に直接かつ確実に届けるとともに,学生のニーズ・行動特性の収集・活用を通じた,様々な取組の改善や新たな事業の創出など,好循環を生み出すための基盤作りを行うことを目的に設立。
2 構成団体
 京都市,(公財)大学コンソーシアム京都,京都経営者協会,(公財)京都高度技術研究所,京都学生祭典実行委員会,京都学生広報部

(参考2:「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ(仮称)」の開発について)

1 事業概要
 本市や(公財)大学コンソーシアム京都,地域,企業等の多様な主体による,京都でしか味わえない学生生活を実現する様々な取組や学生向けの各種情報を,学生に直接かつ確実に届けるとともに,学生のニーズ・行動特性の収集・活用を通じた,様々な取組の改善や新たな事業の創出など,好循環を生み出すための基盤として,学生向けアプリ「大学のまち京都・学生のまち京都」アプリ(仮称)の開発・活用を行う。
2 事業目的
  ⑴ 京都でしか味わえない学生生活の実現
  ⑵ 京都の魅力を感じた学生の就職を含めた地域への定着
  ⑶ 京都での学生生活のブランド化による新たな学生の獲得

(参考3:プロジェクトチームの活動内容等)

1 活動内容
 ⑴ アプリの機能(学生ならではの機能等)の企画検討
 ⑵ アプリPR手段の企画検討
 ⑶ アプリの機能に応じた関係事業者(学割を行う店舗等を想定)への訪問
 ⑷ アプリ開発関する専門家による研修の受講
活動スケジュール

日程

主な活動内容

令和元年

7月

・ キックオフミーティング(自己紹介,目標設定)

・ 調査,研究1 (アプリ機能等に係る学生向けアンケート調査の実施)

8月 ・9月

・ 調査,研究2(アンケートの集計及び分析)

・ 専門家による研修1(アプリ機能について)

・ 企画立案(    〃    )

10月

・ 提案資料作成(アプリ機能(素案)について)

・ 協議会への提案1(    〃        )

・ 専門家による研修2(アプリPR手段について)

・ 企画立案(    〃    )

11月

・ 提案資料作成(アプリ機能・PR策(最終案)について)

・ 関係事業者(学割を行う店舗等を想定)への訪問(2人1組で3~4事業者に訪問)

12月

・ 協議会への提案2(アプリ機能・PR策(最終案)について)

※ 期間中,週1回(午後6時頃~午後8時頃)程度のミーティングの実施する他,8月に,数日間の夏季集中ミーティング(午前10時頃~午後5時頃)を実施します。
※ スケジュールは,活動の進捗状況等により変更となる場合があります。

お問い合わせ先

「京都ならではの学び・魅力向上」協議会事務局
〒604-8571
京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地
(京都市総合企画局総合政策室大学政策担当内)
TEL 075-222-3103

フッターナビゲーション