スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市政策評価委員会からの意見提出について

ページ番号249570

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月22日

広報資料

平成31年3月22日

総合企画局市長公室政策企画調整担当(222-3035)

京都市政策評価委員会からの意見提出について

~「政策評価制度に関する意見」~

 京都市では,政策評価制度を運用し,「はばたけ未来へ 京プラン」に掲げた政策・施策について,その目的がどの程度達成されているかを,各種の指標やアンケート調査を基に把握し,市民の皆様に公表するとともに,より効果的な市政の運営や政策の企画・立案等に活用しています。

 この政策評価制度について,公正な運用と向上を図るため,第三者機関として「京都市政策評価委員会」を設置し,これまでから意見,提案等をいただいております。  

 この度,平成30年度に開催された同委員会における議論を踏まえて,別紙のとおり「政策評価制度に関する意見」が提出されましたので,お知らせします。

1 適切な指標の確保について

 客観指標の目標値については,指標の実態に応じ,「実数」,「割合」を適切に使い分けるとともに,数値の把握が可能であれば,サービスの利用実績を目標値とすることも,あわせて検討していく必要がある。

 また,行政の活動実態をわかりやすく伝えるために,現状の指標以外に実態を捕捉できる指標の追加等を検討する必要がある。

2 市民生活実感調査の充実について

 調査票の回収率低下は,本調査の信頼度にも関わる問題であることから,回答する市民の負担感を軽減し,直感的に回答ができるように,よりわかりやすい調査票への改善を最優先で進めるべきである。

3 今後の評価制度の改善について

 市民にとってより分かりやすいか,担当部署による政策の企画・立案に役立つか,持続可能で効率的な運用が可能かといった観点で,次期基本計画を見据え,評価制度の改善に努める必要がある。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

政策評価制度に関する意見

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション