スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】次期京都市基本計画策定のためのアンケート調査結果について

ページ番号248683

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月22日

広報資料

平成31年3月22日

京都市総合企画局(市長公室政策企画調整担当 電話:222-3035)

次期京都市基本計画策定のためのアンケート調査結果について

 この度,京都市では,昨年11~12月に実施した標記アンケートの調査結果を取りまとめましたので,下記のとおり,お知らせいたします。

 この結果については,来年度に設置する京都市基本計画審議会での審議素材として,次期基本計画の策定に活用してまいります。 

 また,アンケート調査については,住民基本台帳(外国人データ含む)から無作為抽出された18歳以上の市民1万2千人の皆様に御協力をお願いし,4,290通に及ぶ回答をお寄せいただきました。

 アンケート調査に御回答いただきました市民の皆様をはじめ,御協力いただいた皆様方に対しまして心より厚く御礼申し上げます。

1 アンケート調査結果の主な特徴

● 日常生活への充実感や身近な生活環境に対する全体としての満足度が上昇

 日常生活に充実感を感じている割合は平成20年度の調査(以下「前回調査」という。)から8.3%上昇した(前回調査65.2%→今回調査73.5%)。

 また,身近な生活環境に対する全体としての満足度も前回調査から7.7%上昇した(53.9%→61.6%)。

● 理想の仕事として,「健康を損なう心配がない仕事」や「世の中のためになる仕事」が上昇し,「収入が安定している仕事」や「失業の心配がない仕事」が低下

 理想の仕事について,前回調査から「健康を損なう心配がない仕事」が5.4%(10.6%→16.0%),「世の中のためになる仕事」が3.0%上昇した(9.6%→12.6%)。

 一方,「収入が安定している仕事」が11.6%(50.0%→38.4%),「失業の心配がない仕事」が5.7%低下した(13.8%→8.1%)。

● 定住意向が上昇し,移転意向が低下

 定住意向が72.0%(前回調査68.4%),移転意向が20.4%(前回調査25.0%)となっており,前回調査から定住意向は3.6%上昇し,移転意向は4.6%低下した。

● 「地域社会に対する考え方」として,隣近所との付き合いや地域の人々との交流は大切であると考えている人は多いものの,前回調査から肯定的な評価が低下

 「隣近所との付き合い」は79.7%(前回調査82.1%),「自分の住んでいる地域の人々との交流」は73.0%(前回調査76.8%)が大切であると考えているものの,こうした地域社会に対する考え方については,前回調査から肯定的な評価が低下した。

● 京都を魅力的だと感じる割合が上昇

 京都のまちを全体として魅力ある都市と感じる割合は,前回調査から3.7%上昇した(51.0%→54.7%)。

次期京都市基本計画策定のためのアンケート調査報告書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 アンケート調査概要

(1)調査目的

 次期京都市基本計画の策定に向け,市民の生活実感や定住意向,京都の持つ都市の魅力やイメージ,京都市のまちづくりの課題についての意見など,市民の意識やニーズを探るために実施した。

(2)調査対象

18歳以上の京都市民12,000人(住民基本台帳(外国人データ含む)から無作為抽出)

(3)調査方法

対象者に調査票を郵送

(4)調査期間

平成30年11月8日(木曜日)~12月3日(月曜日)

(5)調査内容

 「現在の生活」,「今後の生活」,「就労」,「住まい」,「身近な生活環境」,「地域での暮らしや活動」,「市政やまちづくり活動への参加」,「京都の持つ都市の魅力やイメージ」,「京都市が今後力を入れるべき施策」,「京都市の行財政改革」,「京都市の人口」,「京都市の将来」の12分野で計20問

 ※ 市民の意識の経年変化や現状を把握するため,現行基本構想・基本計画策定時のアンケート調査の質問を盛り込んだ。
比較対象とした各種調査
               調査名 実施主体  実施時期調査の概要

前々回

調査

21世紀・京都グランドビジョン市民3万人アンケート調査 京都市平成9年

11月~12月

調査対象数30,000人

対象年齢18歳以上

有効回収率31.8%

前回

調査

次期京都市基本計画策定のためのアンケート調査京都市平成20年

11月~12月

調査対象数12,000人

対象年齢18歳以上

有効回収率40.2%

全国

調査

国民生活に関する世論調査内閣府

平成30年

6月~7月

調査対象数10,000人

対象年齢18歳以上

有効回収率59.7%

調査頻度(毎年実施)

(6)有効回答数

 4,290(有効回収率:35.8%)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室政策企画調整担当

電話:075-222-3035

ファックス:075-213-1066

フッターナビゲーション