スマートフォン表示用の情報をスキップ

熱中症対策について

ページ番号241956

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月1日

熱中症対策について

ご意見要旨

 熱中症対策として,授業中であっても先生から水分を取るように促してはどうか。

回答要旨

 市立学校・幼稚園を所管する教育委員会では,これまでから文部科学省からの通知も踏まえ,熱中症対策の取組として,暑いときに運動する際は休息と水分補給を頻繁に行い,特に汗をたくさんかく場合には,塩分の補給も促すよう各校へ通知しています。また,運動前の体調チェックや運動中の健康管理を徹底し,児童生徒の体調を考慮して運動中止の判断を行うなど各学校において取組を進めています。

 更に,この度の猛暑を踏まえ,各学校に対して,夏季休業期間を含め,屋内・屋外にかかわらず,各種学校行事や部活動等の短縮・延期・中止など,適宜対応することや特に小学校に対しては,夏季休業中に実施している水泳指導について,活動の中止,短縮,見直し等,これまで以上に踏み込んだ安全対策を行うように通知するなど,各学校・幼稚園での一層の取組を進めているところです。

 今後も引き続き,児童生徒の健康の保持を最優先に,熱中症予防をはじめ各校園における安全確保と児童生徒への安全指導の徹底に努めてまいります。

(回答日:平成30年8月6日)

担当課

教育委員会事務局指導部学校指導課
電話: 075-222-3808 ファックス:075-231-3117

フッターナビゲーション