スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】インド・バラナシ市 地域住民代表者向け研修の実施について

ページ番号241821

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年8月22日

広報資料

平成30年8月22日

総合企画局(国際化推進室 電話:222-3072)

消防局(総務課 電話:212-6625)

インド・バラナシ市 地域住民代表者向け研修の実施について

 

 京都市は,平成26年8月にインド・バラナシ市とパートナーシティ提携意向書に調印し,本提携に向けて両市の民間交流を支援しています。

 この度,特定非営利活動法人SEEDS Asiaが平成27年度から取組んでいる「バラナシ市における参加型コミュニティ防災支援事業」の一環として,今年度はバラナシ市の市民グループ代表者及び国家災害対応部隊を京都に招聘し,「地域住民が行政や学校と一体となって自主的に取り組む市民防災活動」に関わる研修を実施しますので,お知らせします。

 京都では古くから「自分たちのまちは自分たちで守る」という理念の下,学校,地域住民による自治防災組織が存在しています。研修参加者は,京都市民が主体となり,行政と共に育まれてきた市民による防災活動に関わる知見と経験を学び,バラナシ市における防災活動の発展を目指します。

                                                                   記

1 研修期間  

  平成30年8月26日(日曜)~9月2日(日曜)

 

2 参加者

  インド・バラナシ市内 市民グループ代表者 6名

  インド国家災害対応部隊第11部隊(バラナシ駐屯地)1名


昨年の本邦研修の様子


3 主な日程

日程

内容

場所

8月26日
(日曜)

午 後 京都着 

8月27日
(月曜)

10:00  京都市役所 門川市長表敬訪問

10:30 「京都市のレジリエントなまちづくり」講義  (レジリエント・シティ京都市統括監)

14:00  「市民防災の推進に向けた取組」講義 (消防局市民安全課)

      「消防団活動について」講話 (消防局消防団課・中京消防団柳池分団)

京都市役所

京都市消防局

8月28日
(火曜)

09:00 京都市市民防災センター見学

13:30 シェイクアウト訓練視察と「地域と取組む防災教育事例と
      学校防災マネジメント:交通事故対策を中心に」講義 (高倉小学校)

           「バラナシ市で実践した防災の取組について」発表 (バラナシ各地域代表)

16:15  「スマイル21の組織体制と防災部会の活動:講義
            (高倉小学校スマイル21委員会)

17:15  学校周辺地域(初音学区)の活動視察   (初音学区自主防災会)

京都市市民防災センター

京都市立高倉小学校

初音学区

8月29日
(水曜)

09:00 「京都市の市民防災のチカラ」講義

10:30 朱雀第八学区の視察 (防災寺子屋・京都 兼朱八学区自主防災会)

      防災寺子屋・京都の太田代表からの市民防災についての講義を受けた後,
          朱八学区自主防災会が取り組む活動をまち歩きを通じて学びます。

14:00  学生グループによる防災活動(立命館FAST)

防災寺子屋・京都

(代表者自宅・会議室)

朱雀第八学区

中京いきいき活動センター

8月30日
(木曜)

10:00 清水寺における文化財防災について」講話
     清水寺防災施設の見学(清水寺)

12:00 高台寺周辺の防災水利視察(東山消防署)

13:30  清水寺周辺 伝統建造物保存地区の視察

清水寺


高台寺公園

8月31日
(金曜)

09:00 アクションプラン策定

13:00 市民によるお茶会

13:30  アクションプランの発表

14:00 文化財と周辺地域の視察

高倉小学校

9月1日
(土曜)

10:50  人と防災未来センター見学

13:00 神戸港震災メモリアルパーク視察

人と防災未来センター

神戸港震災メモリアルパーク

9月2日
(日曜)

午 前 日本発

4 「バラナシ市における参加型コミュニティ防災支援事業」について

(1)実施団体

  特定非営利法人SEEDS Asia

  主にアジアにおいて,環境問題の改善や防災並びに災害救援に関する事業を行い,これらの事業を通じて,社会全体の持続可能な発展や人間の安全保障の確保に寄与することを目的として活動する団体。代表者 ショウ・ラジブ 氏

 

(2)目的

      学校や地域住民を巻き込んだ防災活動を行い,バラナシ市の体制に災害対策を組み込むことで,将来起こりうる災害か
 ら市民を守ることを目指す。

 

(3)実施期間

  平成27年10月~平成30年9月(予定)

 

(4)事業概要

   ア クライメートスクールの整備

   自動気象観測装置等の機材を設置し,その観測情報をもとに防災教育/気候変動教育を行う学校。防災情報発信の拠点として,特定非営利活動法人SEEDS Asiaがバラナシ市内の5つの区に各一校を指定。地域住民に防災情報や気象観測情報を提供し,住民の防災意識を向上させていく。

 

    イ コミュニティ防災の活性化

  コミュニティでの防災活動を活性化させるために「地域防災協議会」を組織する。防災協議会では,住民たち自身で地域の災害リスクを学び,雨季に備えてのどのようなことができるかなどを相談するなど,住民が災害から自分や家族,そして地域を守る力をつけることを促す。

 

    ウ 市民防災活動推進センターの整備

  各区のクライメートスクールや地域防災協議会と密なネットワークを築き,学校や地域防災協議会の全ての防災情報を集める「市民防災活動推進センター」を整備する。防災情報をバラナシ市全体に共有していくことで,より災害に強い都市づくりを目指す。


SEEDS Asiaバラナシ市民向け防災講座の様子 2018年


(参 考)

1 京都市とバラナシ市との交流経過

   平成26年8月,京都市とバラナシ市は,パートナーシティ提携意向書に調印し,以降,平成26年12月小笠原副市長がバラナシ市を訪問,平成27年4月バラナシ市長を含むインド政府訪問団が本市を訪問するほか,平成29年12月インド・デリーで開催された「グローバルパートナーシップサミット2017」に門川市長が出席し,バラナシ市のスマートシティ化に向けて講演を行うなど行政間の交流を進めるとともに,学校間の民間交流等を進めている。

(両都市における学校間の交流の進展)

平成27年10月からNPO法人「SEEDS Asia」(神戸市)が,「バラナシ市における参加型コミュニティ防災支援事業」の一環として,高倉小学校を中心としたコミュニティ防災及び環境防災教育推進の取組を行っている。  

平成27年12月:バラナシ・ヒンドゥー大学一行が京都市立高倉小学校を視察
平成28年 8月:高倉小学校校長及び自主防災のメンバーがバラナシ市を訪問し,学校と地域の連携による防災強化をテーマと
           したワークショップに出席。
       9月:バラナシ市所在のアーリアン国際学校の理事長が来日し,高倉小学校を訪問し防災教育について学ぶ。
平成29年10月:インド・バラナシ市内のクライメートスクール事業対象校代表者6名及びインド国家災害対応部隊第11部隊の
           2名が,高倉小学校の防災教育事例や清水寺の文化財防災について学ぶ。

公益財団法人オイスカ(東京)は,開発途上国において環境教育の推進を図るため,京都・バラナシ環境教育交流事業として,防災教育とも関わりの深い環境教育の視点から,平成 29年9月に,これまでインド交流で実績がある高倉小学校との交流を実施。交流を通じて,両国児童の環境意識向上を図り,環境にやさしい生活,取組を行う市民として成長することを狙いとするとともに,WHスミス校生徒等が,インドの国家課題であるガンジス河浄化事業にバラナシ市民の立場から支えることも目的にしている。

 

2 バラナシ市とのパートナーシティ提携意向書の調印について

 平成26年8月のインド・モディ首相の京都訪問に際し,京都迎賓館において,モディ首相及び安倍晋三内閣総理大臣の立ち合いの下,門川市長及び駐日インド大使(バラナシ市長代理)による京都市とバラナシ市のパートナーシティ提携意向書の調印を行った。現在,パートナーシティ提携の基礎となる民間交流として,京都・バラナシの学校間における「環境」「防災」分野の交流を支援している。

 ※パートナーシティ提携とは

  包括的な交流を行う姉妹都市とは異なり,民間レベルでの交流を主体とし,「文化・芸術」,「学術研究,教育」「経済」など,特定分野での交流を行おうとする都市間交流

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際化推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション