スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

第101回おむすびミーティングを実施しました

ページ番号235020

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年2月19日

第101回おむすびミーティングを実施しました

1 概要

 「京都『おやじの会』連絡会」は,「わが子の父親から地域のおやじへ」を合言葉に,地域で子どもを育む機運を醸成するために活動する「おやじの会」の全市ネットワーク組織です。
 この度,門川市長が,「京都『おやじの会』連絡会」メンバーとおむすびミーティングを実施し,これまでの「おやじの会」の取組の成果や,子どもたちが健やかに育つ環境づくりに向けた父親や地域社会の役割などについて語り合いました。

・日時 平成30年2月16日(金曜日)午後7時30分~午後8時30分

・場所 京都市教育委員会生涯学習部会議室

・参加者 京都「おやじの会」連絡会 会長,副会長,幹事等(12名)

ミーティングの様子

2 ミーティングの内容

出席者の皆さんの主な発言内容

・今年度は,総会にレジリエント・シティ京都市統括監の藤田裕之様をお招きし,「地域のレジリエンスはおやじの会から」と題して講演いただき,地域コミュニティの大切さを改めて学びました。また,秋の啓発活動として,第4回京都市消防団フェスタにブースを出展し,「京都はぐくみ憲章」と「防災」に関する啓発を目的とした取組を行うなど,様々な活動をしてまいりました。

・子どもの卒業に伴い,PTAとして子どもたちや地域のために活動することがなくなりましたが,おやじの会に誘われて,現在はPTAのOGとして活動しています。子どもが卒業した後でも,子どもたちや地域のために活動できる場所があることは,自分にとっても生きがいのひとつになっています。

・おやじの会のメンバーの中には,消防団に加入して地域防災や地域活動のために頑張っている人がたくさんいます。これからも,おやじの会としても「消防団に入ろう」という雰囲気を広めていければと思います。

・数年前から,近くの学校のおやじの会のメンバーたちとソフトボール大会を実施しています。地域での交流が進み,PTAから地域での活動まで,様々な面で人と人との横のつながりができたと感じています。

・おやじの会の会員の減少や若い世代の加入が少ないことが課題となっている地域もあります。今後,おやじの会の認知度を上げるとともに,活動がさらに活性化する取組をみんなで検討していきたいと思います。

市長の主な発言内容

・京都「おやじの会」連絡会は今年,結成15周年。当時教育長として連絡会の立ち上げに関わらせていただいた私にとっても,大変感慨深いものがあります。平成17年に開催した「全国おやじサミットin京都」や,平成19年に国際会館で開催した「国際おやじサミット」などが特に印象に残っています。

・おやじの会の皆さんにはPTAと地域の橋渡し的な役割を期待しています。おやじの会のメンバーが先頭に立ってイベントを企画・運営するなど,地域を巻き込んだ活動をされているところもあると聞いており,大変心強く感じています。

・全国的に「働き方改革」が議論される中,京都市では地域活動に積極的に参加し,人と人とのつながりを大切にし,そこで得られた貴重な経験を通して,心豊かな生活を実現する「真のワークライフバランス」を目指しています。京都「おやじの会」連絡会でも,父親(おやじ)の子育ての参加に理解がある企業を「OK企業」として認定する制度を実施されるなど,真のワークライフバランスの推進に向けて取り組んでいただいております。おやじの会会員の皆さんも,仕事と生活と地域貢献を上手に調和させ,真のワークライフバランスを実現して下さい。

・ある企業の会長は,「おやじの会やPTAなど地域で活動に係わることは,社内でどんな研修をするより社員の人間力を高める効果がある」と言っておられました。それだけ,地域活動を経験することは,人を大きく成長させます。

・地域コミュニティの活力低下が課題となるなか,地域において,人と人とのつながりをつくっていく取組は非常に大切です。地域の父親のネットワークを持つおやじの会の活動の活性化が地域コミュニティの活性化にもつながります。

・京都「おやじの会」連絡会の皆様には,教育委員会や校長会とも連携し,これからも全市のおやじの会をリードするとともに,「地域のおやじ」として,一層子どもたちに関わっていただき,地域を盛り上げていただくことを期待しています。京都市としても,地域の活動に参加しやすいまちづくりに全力で取り組んでまいりますので,御支援,御協力をよろしくお願いいたします。

集合写真

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

総合企画局 総合政策室 創生戦略・市民協働推進担当
電話:075-222-3178 ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション