スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

文化庁の京都移転など政府機関の地方移転に対する京都市の評価について

ページ番号199503

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年5月20日

文化庁の京都移転など政府機関の地方移転に対する京都市の評価について

京都市は,平成28年3月22日に国において方針決定された「文化庁の京都への全面的な移転」について,地方創生に大きく貢献するものとして高く評価しております。

先日,ある報道の中で,京都市が「文化庁の京都移転など政府機関地方移転の評価」について,「どちらともいえない」と評価しているとの記載がありました。

これは,報道機関からのアンケートが,

「国の研究機関や研修機関のほとんどが共同研究や分室設置にとどまることをどう思うか」という趣旨として,文化庁の京都移転以外に対する評価を問うものと受け取れるものであり

それぞれの研究機関・研修機関と地方自治体が,今後どのような取組を行っていくかによって,地方創生への貢献の度合いも異なるものであり,現時点では判断し難いと考えたことから,

「どちらともいえない」と回答したものが,「文化庁の京都移転など政府機関地方移転の評価」として報道されたものです。

報道をご覧になられた皆様に誤解を与えてしまうこととなってしまいましたが,文化庁の移転に対する本市の考えは,冒頭のとおりですので,御理解をお願いします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局文化庁移転推進室

電話:075-222-4200

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション