スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市情報公開・個人情報保護審査会運営要領

ページ番号113967

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月28日

京都市情報公開・個人情報保護審査会運営要領

(趣旨)

第1条 この要領は,京都市情報公開・個人情報保護審査会条例施行規則第6条の規定に基づき,京都市情報公開・個人情報保護審査会(以下「審査会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(部会)

第2条 京都市情報公開・個人情報保護審査会条例(以下「条例」という。)第7条第1項に規定する合議体(以下「部会」という。)として,2又は3の部会を置く。

2 各部会は,3名から5名の委員をもって構成する。

3 各部会に属すべき委員は,審査会の会長(以下「会長」という。)が指名する。

(事件の配分等)

第3条 審査請求に係る事件(以下「審査請求事件」という。)の調査及び審議の手続並びに審理手続(以下「審理手続等」という。)は,原則として,いずれかの部会で行う。

2 会長は,審査会が審査請求に係る事件について諮問を受けたときは,審査請求事件ごとに審理手続等を行う部会を定める。

3 会長は,審査請求事件を取り扱う部会を変更する必要があると認めるときは,各部会の部会長の意見を聴いて,当該審査請求事件を取り扱う部会を変更することができる。

4 部会長は,当該部会に係属している審査請求事件について,特に審査会において行う必要があると認めるときは,直ちにその旨を会長に申し出なければならない。

5 会長が前項の申出を相当と認めた場合は,当該審査請求事件の審理手続等は審査会において行うものとする。

(決議)

第4条 部会が答申に関する決議を行った場合には,その決議をもって審査会の決議とする。

(審議手続)

第5条 審査会は,京都市情報公開条例(以下「情報公開条例」という。)第18条第1項又は京都市個人情報保護条例(以下「個人情報保護条例」という。)第36条第1項の規定により諮問を受けたときは,諮問庁に対し,次に掲げる書面の提出等を求めるものとする。

 ⑴ 公文書公開請求書又は個人情報開示請求書,個人情報訂正請求書若しくは個人情報利用停止請求書の写し

 ⑵ 処分についての審査請求にあっては,公文書公開決定等に係る通知書又は個人情報開示決定等,個人情報訂正決定等若しくは個人情報利用停止決定等に係る通知書の写し

 ⑶ 審査請求書の写し

 ⑷ 条例第8条第1項に規定する対象公文書。ただし,当該対象公文書の提示を求める場合において,当該対象公文書の保存に支障を生ずるおそれがあると認めるときその他合理的な理由があるときは,その写しの提示を求めるものとする。

 ⑹ 情報公開条例第13条第3項又は個人情報保護条例第22条第3項に規定する反対意見書が提出されたときは,その写し

2 審査会は,対象公文書に第三者に関する情報が記録されているときは,必要に応じて,口頭又は文書により,当該第三者から意見を聴取することができる。

(会議録)

第6条 審査会は,次の事項を記載した会議録を作成するものとする。

 ⑴ 会議の日時及び場所

 ⑵ 出席者の氏名

 ⑶ 会議に付した事案の件名

 ⑷ 議事の概要

 ⑸ その他必要な事項

2 審査会の会議録は,公開しない。

(準用)

第7条 部会が審査請求事件について審理手続等を行う場合においては,条例第8条から第11条までの規定及び前2条中「審査会」とあるのは「部会」と読み替えるものとする。

(委任)

第8条 この要領に定めるもののほか,審査会の運営に関し必要な事項は,会長が定める。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局情報化推進室情報管理担当

電話:075-222-3215

ファックス:075-222-4027

フッターナビゲーション