スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

陝西省水環境整備事業(西安市)に係る訪日研修について

ページ番号67011

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月31日

概要

 陝西省水環境整備事業(西安市)とは,西安市における安全な飲用水の供給や水質汚濁,衛生面の改善,洪水防御を目的として,上下水道関連施設や排水路等の整備が実施されるものです。当事業は日本政府の円借款事業として,平成17年3月に正式採択されました。

・事業期間  平成17年4月から23年10月

・総事業費  約384億円(うち,円借款対象額 約196億円) 

 平成18年6月には京都・西安両市長の間で「陝西省水環境整備事業(西安市)に係る研修実施についての覚書」を締結し,平成18年から3年4期にわたり,京都市が中心となって西安市の研修員を受け入れ,訪日研修を実施することになりました。最後の研修となる第四期研修は,当初平成20年6月に実施する予定でしたが,四川大地震等の影響により延期となり,平成21年11~12月に実施してすべての研修を無事終了しました。(当事業は財団法人太平洋人材交流センター及び株式会社日水コンと協力して実施しました。)

訪日研修の経過

第一期研修

1 日程 平成18年8月22日から9月6日まで

2 研修員 団長 張新尚(ちょうしんしょう)氏(西安市発展和改革委員会)他19名       

3 内容 

(1)京都市での講義(水環境整備事業,都市計画,上下水道施設の基本計画,上下水道事業経営戦略,マッピングシステム,洪水(雨水)対策などについて)

(2)京都市での視察(琵琶湖疎水記念館,南禅寺水路閣,蹴上浄水場,水質管理センター,桂イノベーションパーク,鳥羽水環境保全センター,雨水幹線建設現場,吉祥院水環境保全センターなど)

(3)その他の訪問先(琵琶湖河川事務所,アクア琵琶,JSTイノベーションプラザ京都,京都大学桂ベンチャープラザ,大阪市下水道科学館,柴島浄水場,水道記念館(大阪市),サントリー京都ビール工場,株式会社島津製作所,株式会社日水コン,東京都水運用センター,国際協力銀行,金町浄水場,葛西水再生センターなど)


蹴上浄水場視察

第二期研修

1 日程 平成18年10月24日から11月1日まで

2 研修員 団長 龐阿平(りゅうあへい)氏(西安市政府弁公庁)他10名

3 内容

(1)京都市での講義(都市計画,上下水道事業概要,上下水道事業経営などについて)

(2)京都市での視察(蹴上浄水場,琵琶湖疏水記念館,南禅寺水路閣,鳥羽水環境保全センターなど)

(3)その他の訪問先(京セラ株式会社,国際協力銀行,日本下水道協会,日本水道協会,東京都水の科学館など)


鳥羽水環境保全センター視察

第三期研修

1 日程 平成19年6月5日から6月20日まで

2 研修員 団長 孫萍(そんへい)氏(西安市基礎設施建設投資総公司)他24名

3 内容

(1)京都市での講義(都市計画,水環境整備事業,上下水道事業概要,上下水道事業経営,水道施設の計画・設計・維持管理,下水処理の維持管理,京北地域の下水道整備,特環事業・農集排事業,配水管の管理,情報管理,管路・ポンプ場の設計,景観政策,高度処理と汚泥処理,合流改善,事業場排水の規制と監視,環境会計などについて)

(2)京都市での視察(琵琶湖第二疎水取水口,新山科浄水場,吉祥院水環境保全センター,鳥羽水環境保全センター,太秦東部地区市街地再開発事業現場,蹴上浄水場,景観・まちづくりセンター,琵琶湖疎水記念館など)

(3)その他の訪問先(株式会社島津製作所,京都大学桂ベンチャープラザ,京都タワー,国際協力銀行,有明水再生センター,東京都水運用センター,株式会社日水コンなど)


京都市の水環境整備事業についての講義

第四期研修

1 日程 平成21年11月17日から12月2日まで

2 研修員 団長 卜翔育(ぼくしょういく)氏(西安市城市基礎施建設投資集団有限公司)他22名       

3 内容 

(1)京都市での講義(都市計画,水環境整備事業,上下水道事業経営戦略,上下水道事業概要,地球温暖化対策,景観政策などについて)

(2)京都市での視察(産寧坂伝統的建造物群保存地区,琵琶湖疎水記念館,南禅寺水路閣,蹴上浄水場,鳥羽水環境保全センターなど)

(3)その他の訪問先(京都大学桂キャンパス,琵琶湖環境科学研究センター,島津製作所,株式会社日水コン,東京都水運用センター,有明水再生センター,国際協力機構(JICA)など)



琵琶湖疎水記念館視察

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際交流・共生推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション