スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

第14回おむすびミーティングを実施しました

ページ番号65367

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2009年7月3日

第14回おむすびミーティングを実施しました

1 概要

 左京区北部山間地域では,高齢化が進展する一方で,多くの子どもたちが豊かな自然に囲まれ,のびのびと育っています。しかしながら保健所が遠いことや,住居が離れており,他の親子と交流する機会が少ないこと等が悩みとなっていました。

 そこで左京区役所では,平成20年度から,「のびのびやまの子育て健康相談&交流会」として,乳幼児の健康相談や交流会を開催し,山間地域における子育ての輪を広げてきました。

 この度,門川市長が,京(みやこ)・ベビーハウス堰源(えんげん)において開催された「のびのびやまの子育て健康相談&交流会」を訪問し,地元自治振興会長等との懇談,乳幼児の健康相談を見学した後,北部山間地域のお母さん方とおむすびミーティングを実施し,山間地域における子育てや生活などをテーマに意見交換を行いました。

  • 日時  平成21年7月2日(木曜日)午後2時から3時15分まで
  • 場所  京(みやこ)・ベビーハウス堰源(えんげん)
  • 参加者  「のびのびやまの子育て 健康相談&交流会」参加者(広河原,花脊,別所地域の母親と子ども18名)

2 ミーティングの内容

出席者の主な発言内容

○ 北部山間地域では,市街地とは違って豊かな自然環境を生かしながら子育てができるのが魅力である。一方で,自然が豊かなのはよいが,ヘビやハチに刺されたりするなどの危険もある。

○ 市長が教育長のときに,花背小中一貫校が開校し,地元の者は皆大変感謝している。

○ 花背小中一貫校では,スクールバスを運行してもらっており,通学については安心である。

○ 生活していくうえでやはり困るのはスーパーが遠くて,買物が不便なことである。普段は市街地に勤めている夫が買物をしている。

○ 夜中など診療時間外に子どもが急病になったりすると,救急病院が遠いので大変不安である。

○ 小さい子どもに予防接種を受けさせるため,保健所まで行くのは非常に大変である。以前,ポリオの予防接種が出張で行われていたが,対象者が1人になったときに中止になってしまった。これはとても残念なことである。今日のような場を活用できるとありがたい。

○ 峠の道路は非常に狭くて急なので,運転が大変である。特に冬場は凍結や積雪で大変危険である。

○ 免許を持っていないので,近所の人や学校の先生にいつも迷惑をかけることになる。ただ,免許を取るにも,ここで生活していると教習所に通うこともままならない。

○ バスの本数が非常に少なく,行きは調整できても,市街地に行ったときに,帰りのバスを長時間待つのが大変である。

○ 市街地では不審者の心配があったが,ここではそういった問題はなく安心して生活できる。

○ こちらに移り住んだとき,住む家をさがすのに大変苦労した。今でも移り住みたいと思っている人は多い。そういう方が一時的に住んで,地域での暮らしや雪の時期を体験できるような住宅があるととてもよいのではないか。

○ こうしてみなさんのおかげで子育てのしやすい環境が整いつつあっても,自分たちの後ろを振り向くと,次に続く人がいないことは大変不安である。

○ 生活上で不便なこともいろいろと多いが,地域の人達と助け合いながら,これまで生活することができた。

○ 平成20年度から交流会が始まり,みんなが顔見知りになったことで,助け合いの輪が広がったと思う。

○ 最初,市内から移り住んできた時は,交流の機会がなくて孤独な思いをしたこともあったが,顔見知りになってからは本当に仲良くお付き合いさせてもらっている。

○ 地域がお互いに助け合い,乗り越えられることはがんばって解決をしてきた。しかし,助け合いだけでは乗り越えられないこともあり,そうしたことについては行政のサポートをお願いしたい。

市長の主な発言内容

◆ 私自身も4人の子どもがいる子育て経験者である。最近は少子化の時代であるが,こうして小さなお子さんがすくすく育っているのを見ると本当にうれしく思う。

◆ 教育委員会にいた時に,花背山の家や,花背小中一貫校のことでこの地域に関わってきたが,その時から地域の皆さんに大変お世話になった。今年の10月には新しい校舎が竣工の予定であるが,これも地域の皆さんの協力があってここまで進んできたものであり,大変うれしく思う。

◆ 花背小中一貫校への統合は地域の皆さんのすばらしい決断だったと思う。立派な新校舎が出来るので100人の子どもがいる学校にしたい。

◆ 花背での学校統合が進む中で,地域の人がここで子どもを育てることに誇りを持っておられることに感心した。

◆ 市内の小学生は必ず課外授業で,花背山の家に行くことになっており,小学校の卒業式などでは必ず,花背山の家の思い出が出てくるなど,北部山間地域は本当に魅力的な場所だと思う。

◆ このような子育ての交流会の輪が広がり,地域の魅力を発信することで,この地域にもっと新しい人が来るようにこれからも頑張って欲しい。

◆ 北部山間地域は本当に自然豊かで魅力のある場所である。そして地域の皆さんがお互いに助け合いながら子育てをしっかりできる地域である。この魅力を生かした地域おこしに期待している。


お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室市民協働推進担当

電話:075-222-3178

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション