スマートフォン表示用の情報をスキップ

市長の動き(平成20年5月)

ページ番号39477

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年5月31日

市長の動き
市民の皆様とのふれあいや主な行事を中心にお伝えします
スピードパワーハートで全力疾走

31日(土曜日)

第1回おむすびミーティング

おむすびミーティングに参加する門川市長

第1回おむすびミーティングとして,門川市長が,左京区大原地域の新しい都市農村交流拠点「里の駅 大原」をオープン当日に訪れ,地元の皆様と対話しました。当日は,おかゆを食べながら,地元の取組,地域の要望や諸課題などについて,ざっくばらんに語り合いました。市長は「人と人とのつながりの中で,融合と共汗で頑張っていきたい。今日は熱気を感じさせていただきました。」と,決意と感想を述べました。

30日(金曜日)

市長総括質疑(普通予算)

29日(木曜日)

京都教育交流懇話会

28日(水曜日)

IMF執行委員会IMF-JC主催歓迎夕食会

27日(火曜日)

市長総括質疑(公営予算)

26日(月曜日)

2008年サミット外相会合京都支援推進協議会共同記者会見

外相会合までちょうど1か月前に当たる5月26日に,門川市長は,村田純一協議会会長,山田啓二京都府知事,立石義雄京都商工会議所会頭と共に共同記者会見を行い,「2008年京都宣言」と「京都情報センター(概要)」を発表しました。

社団法人日本中国料理協会京都支部第2回通常総会

25日(日曜日)

平成20年度近畿医師会連合定時委員総会

24日(土曜日)

伏見区総合庁舎整備等事業起工式

起工式で挨拶をする市長

伏見区総合庁舎整備等事業の起工式に門川市長が出席しました。当日は地元の皆様をはじめ大勢の方が出席し,式典の冒頭で門川市長は「総合庁舎の設計に当たっては,多くの区民の皆様の声を活かせるよう,努めて参りました。伏見の発展なくして本市の発展はありえないので,建替えを機に伏見の発展につなげたい。」と祝辞を述べました。

第1回郡上踊りinきょうと

郡上踊りINきょうとで挨拶する門川市長

「郡上踊り IN きょうと」がゼスト御池地下広場で開催され,門川市長が出席しました。「全国の県人会がこうした催しをゼスト御池で開催していただければ,ゼスト御池地下街や地下鉄の活性化に繋がり,大変ありがたいことです。本日は,国の重要無形民俗文化財である郡上踊りを,皆さんぜひ楽しんでください。」と祝辞を述べました。

23日(金曜日)

京都市老人クラブ連合会第43回通常総会

京都土地家屋調査士会定時総会

日本保育協会平成20年度総会

22日(木曜日)

市会本会議(代表質問)

19日(月曜日)

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリードリームツアー表敬訪問

ミッキー,ミニーを歓迎する市長

17日(土曜日)

第9回堀川とうろうまつり

16日(金曜日)

市会本会議

京都中小企業振興センター平成20年度総会

15日(木曜日)

立命館大学「知事リレー講義」

学生祭典KYO-SENSEプロジェクト

KYO-SENSEプロジェクトに参加する市長

環境を守る行動を京都から呼び掛ける,第6回京都学生祭典「KYO-SENSE(きょうせんす)プロジェクト」が京都駅ビル駅前広場で開催され,門川市長が出席しました。門川市長は,「感性・感度は責任感・使命感で高まっていくもの。地球にやさしい生き方をする感性を,お互いに高めていきましょう。」と,挨拶を述べました。

13日(火曜日)

第109回近畿市長会総会

近畿市長会総会に出席する市長

門川市長は,第109回近畿市長会総会の議長を務め,出席した99市の市長に「近畿から東京一極集中の動きを打破し,真の地方分権・地域主権に向けて取り組んでいきましょう。」と呼び掛けました。

12日(月曜日)

第109回近畿市長会役員会

11日(日曜日)

桂川小畑川・澱川右岸水防事務組合合同水防訓練

水防訓練に参加する市長

10日(土曜日)

京都洛西ロータリークラブ創立25周年記念式典

9日(金曜日)

中国・胡錦濤国家主席歓迎夕食会

訪日中の中国・胡錦濤国家主席を招いての会談及び歓迎夕食会が大阪市内のホテルで開催され,門川市長をはじめ,関西の政財界の関係者が多数出席しました。

5日(月曜日)

地球愛まつり2008

地球愛まつりで挨拶する市長

3日(土曜日)

日本ホスピタリティビジネス会議

講演する市長

「環境」「伝統」「教育」をテーマにした「京都流議定書 Do you Kyoto? Do you Kyotostyle? 講演会」で「地域主権の時代を拓く・京都の挑戦~教育に見るその息吹~」と題して講演しました。門川市長は,学校,家庭,地域,更には経済界,大学等との連携により成果を収めた京都市の教育改革を紹介し,「市政においても京都力を融合し,新しい自治のモデルを創造する。」と語りました。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286

フッターナビゲーション