スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】市民等提案制度による旧吉祥院消防出張所跡地の有効活用事業者の選定について

ページ番号264505

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年2月7日

広報資料

令和2年2月7日

消防局総務課(212-6642)

行財政局資産活用推進室(222-3284)

 京都市では,旧吉祥院消防出張所跡地について,「京都市資産有効活用市民等提案制度」により,福祉施設として活用するという提案を受け,選定手続の透明性及び公平性を確保するため,「公募型プロポーザル」方式によりその手続を進めてきました。

 この度,「京都市市民等提案制度による市有地有効活用事業者選定委員会」(以下「選定委員会」という。)による審査を経て,次のとおり有効活用事業者を選定しましたので,お知らせします。

1 有効活用事業者の名称及び主な提案内容

 (1) 有効活用事業者の名称

    社会福祉法人 径(こみち)福祉会開設準備会(代表:那須 徹朗 氏)

 (2) 主な提案内容

  ア 事業概要

    新たに社会福祉法人を設立したうえで,障がい者の就労移行支援事業所,就労継続支援B型

   事業所等の設置及び運営

  イ 活用計画年数

    50年

  ウ 施設概要

    木造2階建て(延床面積304.08㎡)

  エ 貸付希望価格(年額)

    2,511,000円

2 選定委員会の審査結果

(1) 審査結果

    応募者は,社会福祉法人径福祉会開設準備会のみであり,貸付希望価格が最低貸付価格以

   上で,かつ,審査の結果,72.8点を獲得したため,有効活用事業者として選定した。

   

   ※「旧吉祥院消防出張所跡地の有効活用事業者選定に係る募集要項」に定める最低貸付価格

   (251万円)以上の額を貸付希望価格として提示した事業者で,かつ,審査項目及び審査基準に

   基づき最高の得点(60点以上)を獲得した事業者を有効活用事業者とすることとしている。

 

 (2) 主な講評

   ・障がい者の積極的な雇用を進める事業であり,新たな雇用の創出につながる。

   ・カフェの運営など,地域との連携に期待が持てる提案内容である。

   ・当該地の地域特性を踏まえ,事業の進め方において更なる工夫を行い,安定した事業運営と

   なるよう期待する。

3 今後の予定

 本提案は,社会福祉法人を設立し,実施する提案内容であるため,社会福祉法人設立後に「定期借地権設定契約」及び「市有財産譲与契約」を締結する予定である。

<参考>

・旧吉祥院消防出張所跡地の概要

  所在 地:京都市南区吉祥院御池町6番地

  敷地面積:319.97㎡

  建  物:鉄筋コンクリート造陸屋根2階建て

       延床面積259.69㎡

 

 ・これまでの経過

  令和元年 8月 8日  市民等提案制度による提案受理

  令和元年10月15日  第1回選定委員会(募集要項の審査)

  令和元年11月11日~ 募集要項配布

  令和元年12月20日  応募書類受付締切

  令和2年 1月24日  第2回選定委員会(提案内容の審査)
選定委員会委員(◎:委員長)               (委員区分順)

氏名

所属団体等

◎白須 正

龍谷大学政策学部教授

 藤野 正弘

市民公募委員

 山田 陽子

公認会計士・税理士

 渡邊 博子

公益社団法人全日本不動産協会京都府本部理事

 津止 正敏

立命館大学産業社会学部教授

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部総務課

電話:075-212-6623

ファックス:075-251-0062