スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

新型コロナウイルス感染症により自宅・宿泊施設で療養されている方の投票について

ページ番号290064

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年10月21日

新型コロナウイルス感染症により自宅・宿泊施設で療養されている方の投票(特例郵便等投票)について

1.特例郵便等投票とは

 新型コロナウイルス感染症により自宅又は宿泊施設で療養等されている方で,外出自粛要請等の期間が選挙期間(選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙当日までの期間)にかかる場合は,郵便による投票をすることができる制度です。

2.対象となる方

 京都市の有権者で以下のいずれかに該当し,投票用紙の請求時点で,外出自粛要請等の期間が10月20日から10月31日にかかると見込まれる方。

 1.  新型コロナウイルス感染症の自宅療養者又は宿泊施設療養者で,外出自粛要請を受けている方

 2.  入国後の待機者で,宿泊施設内に収容されている方

<注意>
 濃厚接触者はこの制度の対象ではなく,通常通り投票所等で投票することができます。この場合,手指の消毒やマスク着用など,感染症防止対策の徹底にご協力をお願いします。

 また,入院されているコロナ患者の方につきましては,病院における不在者投票制度がありますので,濃厚接触者同様に,この制度の対象とはなりません。

3.投票用紙の請求と投票手続き

(1)投票用紙等の請求手続き

 10月27日(水曜日 必着)までに,住所地の区選挙管理委員会に対して,以下のとおり投票用紙等を請求してください。

  1. 所定の請求書(特例郵便等投票請求書)(※1)に必要事項を記入してください。 
  2. 保健所が発行する外出自粛要請等の書面(※2)と併せて,区選挙管理委員会宛の宛名表示(※3)を貼り付けた封筒に封入し,封筒表面の「請求書在中」に○を付けてください。
  3. 2の封筒を,宛名が分かるように「ファスナー付きの透明ケース」(※4)に入れてください。なお,ファスナー付き透明ケースの入手が困難な場合は,透明なケースや袋等に入れ,テープ等で密封してください。
  4. 3のケース(又は袋)の表面をアルコール消毒液により消毒し,親族,知人等に投函を依頼してください。

※1 投票用紙の請求書はこのページ下段からダウンロードできます。(各区選挙管理委員会へお問合せいただき,郵送により入手いただくことも可能です。)

※2 外出自粛要請等の書面を紛失や未交付等により添付できない場合は,請求書「3 提示する文書」欄の(1)3にチェックし,必要事項(a)及び(b)を記入してください。

※3 各区選挙管理委員会宛の宛名表示は,このページ下段からそれぞれダウンロードできます。 

※4 日本郵便株式会社から,ファスナー付きの透明ケース等に入れていただくよう依頼を受けているため,ご協力をお願いします。

 

(2)投票手続き

  1. 請求内容に問題がなければ,区選挙管理委員会から投票用紙等一式(投票用紙,内封筒,外封筒,ファスナー付き透明ケース,返信用封筒)が郵送されます。 
  2. 区選挙管理委員会から届いた投票用紙に,自ら候補者名等を記載してください。その際,必ずせっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また,出来る限りマスクをつけ,清潔な使い捨てビニール手袋を着用するなど,感染防止対策にご協力をお願いします。
  3. 記載済みの投票用紙を内封筒に封入し,更に外封筒に封入してください。外封筒の表面に投票を記載した年月日,場所を記載し,氏名欄に署名してください。
  4. 3を返信用封筒に入れて封をしたうえで,ファスナー付透明ケースに入れ,透明ケース表面をアルコール消毒液を吹きかけ拭き取る等により消毒してください。
  5. 親族の方,同居人,知人等に,ポストへの投函を依頼してください。

自宅療養者等の特例郵便等投票に係る様式等(ダウンロード)

特例郵便等投票に係るお知らせ・請求書様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

各区の宛名表示(封筒貼り付け用)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 選挙管理委員会事務局

電話:075-241-9250

ファックス:075-241-9230

フッターナビゲーション