スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】環境保全と食味向上を目指す 水稲担い手互見会の開催

ページ番号301361

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月11日

広報資料

令和4年7月11日

京北水稲担い手協議会(取次:京都市産業観光局 京北・左京山間部農業振興センター 電話075-585-3202)

 右京区京北地域では、米の品質や栽培技術の向上などを目指し、平成30年に、京北地域の大規模米農家によって「京北水稲担い手協議会」※1が結成されました。

 今年度、当協議会では、水稲栽培における新たな取組として、プラスチックを使用しない硫黄被膜肥料※2を使用するとともに、最適な施肥管理ができるICT導入の可変施肥田植機※3や、遠隔で水管理を行うことができるスマート水管理システムを導入し、環境保全と食味向上を目指す試験ほ場を設けています。

 この度、試験ほ場をはじめ、水稲の担い手が相互に水田を見学し、生育状況の確認と栽培技術を高め合うための「水稲担い手互見会」を開催しますので、お知らせします。

1 日時

 令和4年7月15日 金曜日 午前10時から正午頃まで

2 場 所

 京都市右京区京北地域の水田2箇所(辻町、中地町)

3 内容

試験ほ場などの現地見学による生産者間の意見交換

4 問い合わせ先

京都市京北・左京山間部農林業振興センター(担当:石田、巽)

(右京区京北周山町上寺田1-1 TEL:075-852-1817)


※1 京北水稲担い手協議会

 京北地域では大規模米農家の有志が集まり、平成30年11月に本協議会を結成し、地域の課題の1つである将来を担う生産者の育成・確保と、農業を通した京北地域の活性化を目指して活動しています。

※2 硫黄被膜肥料

 肥料に被膜することで、長期間少しずつ肥料が溶け出し、長期間肥料の効果が持続します。一般的にこの被膜にはプラスチックを使用していますが、硫黄被膜肥料は肥料の効果も期待できる硫黄を使用しています。

※3 可変施肥田植機

 田植機に搭載された2種類のセンサで「作土深」と「土壌肥沃度」を作業中に検知し、ほ場内の作土深の深い箇所、肥沃度の高い箇所では、自動で減肥制御を行います。ほ場内の生育を均一化することで、部分的な倒伏を防ぐとともに、化成肥料の使用量を削減します。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市産業観光局 農林振興室 京北・左京山間部農林業振興センター
TEL:075-852-1817

フッターナビゲーション