スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和4年度のMICE開催支援に係る助成金・補助金制度について

ページ番号299306

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年6月3日

公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー(075-353-3053)

取次:京都市産業観光局観光MICE推進室(075-746-2255)

令和4年度 MICE開催支援に係る助成金・補助金制度

 公益財団法人京都文化交流コンベンションビューローでは,京都府・市からの補助金を財源として,京都へのMICEの誘致・開催支援を目的とする各種助成金制度を設けており,令和4年度については,下記のとおり制度を運用しますので,お知らせします。

 昨年度,入国制限や緊急事態宣言が続く中,京都市では国内会議を中心に250件(現地開催・ハイブリッド開催を含む)のMICEが開催され,京都らしい文化の活用,伝統産業製品の購入をはじめ大きな経済効果を生み出しました。

 令和4年度は,水際対策の緩和等により国際会議の再開も見込まれることから,より多くのMICE参加者に京都の伝統文化・産業に触れていただく機会を創出するため,「京都らしいMICE開催支援補助制度」の運用を引き続き行います。また,これまで小規模~大規模の規模別で運用をしていた助成金制度を1つに統合し,「京都市MICE開催支援助成金」として運用を行います。

京都市MICE開催支援助成金

・補助対象:企業ミーティング,インセンティブツアー,学会・会議・総会など

・対象事業:今年度中に開催される会議(現地参加者数50名以上)開催に係る経費

・会期要件:2日以上

・人数要件:50名以上

・助成額:最大200万円(規模,開催予定日,日数,予算などにより変動)

京都らしいMICE開催支援補助制度

・補助対象:会議,ミーティング,インセンティブツアー,同窓会など

・会期要件:1日以上 ※宿泊要件:参加者の7割以上が原則京都市内に1泊以上滞在すること(同窓会除く)

・人数要件:30名~上限なし ※同窓会は100名~上限なし

・対象経費:
 (1)文化プログラム

   式典やレセプション等における,舞,太鼓,茶道,着物着付,鏡開き等の経費

(2)伝統産業プログラム

   参加者に対して配布する伝統産業製品の購入経費及び工房見学・体験,ミスきものの派遣等の経費

  ※(1),(2)は併用可能

・補助額:

 (1)経費の100%(上限50万円)

 (2)経費の100%(上限50万円)
  ※伝統産業製品を100万円以上購入する場合は,75万円を補助。

大規模国際コンベンション開催支援助成金

・補助対象:学会・会議・総会など

・対象事業:京都市内で開催される会議開催に係る経費(令和6年度以降開催案件)

・会期要件:3日以上

・人数要件:3箇国以上より500名以上(海外参加者100名以上)

・助成額:最大1,000万円

 開催地決定前(誘致中)のみ申請可能

大規模国際コンベンション誘致支援助成金

・補助対象:学会・会議・総会など

・対象事業:京都市内で開催される会議の誘致活動に要する経費(令和4年度以降開催案件)

・会期要件:3日以上

・人数要件:3箇国以上より500名以上(海外参加者100名以上)

・助成額:最大100万円

 開催地決定前(誘致中)のみ申請可能

各種お申込みについて

  • 各種お申込みについてはこちら外部サイトへリンクします

    各種お申込みについては,上記のリンクをクリックしていただき,(公財)京都文化交流コンベンションビューローへお問合せください。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション