スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】修学旅行向けSDGs探求学習プログラム 「Q都(きゅーと)スタディトリップ」の運用開始について

ページ番号296549

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月30日

修学旅行向けSDGs探求学習プログラム 「Q都(きゅーと)スタディトリップ」の運用開始について

 京都への修学旅行は,日本の歴史・文化等を肌で感じることのできる貴重な学習の機会であり,将来の京都ファンになっていただく京都観光の原点です。

 京都観光推進協議会では,観光関連事業者と京都市,京都市観光協会が連携し,安心安全で,質の高い修学旅行の受入環境の整備に取り組んでいます。

 この度,本協議会は,学校の関心やニーズが高いSDGsに関する,探求学習プログラム「なんで?がいっぱい,京都と学ぶSDGs『Q都スタディトリップ』」の運用を開始しますので,お知らせします。

1 プログラムについて

(1)概要

 「なんで?がいっぱい,京都と学ぶSDGs『Q都スタディトリップ』」は,SDGsに関する,探求学習プログラムです。また,SDGs先進都市・京都(※1)ならではの各種学習コンテンツを御用意しており,生徒の皆様に「修学旅行でSDGsを学びたい!」「SDGsについてよく分かる!」と思っていただけるようなプログラムとなっています。

(※1)日本経済新聞社が全国815市区を対象に実施した「SDGs先進度調査」では,京都市が上位に選ばれています。(令和元年度1位,令和2年度2位)

 また,内閣府が選定する「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」においても京都市が選ばれています。
 https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000284783.html

 

(2)特設Webサイトについて

<開設日時>
 令和4年4月1日(金曜日)午後2時30分頃
 https://q-sdgs.kyoto.travel/外部サイトへリンクします

<主な内容>
  ○ 導入として,SDGsや,京都でSDGsを学ぶ意義を動画等で紹介
  ○ SDGsの17のゴールと関連する20件の学習コンテンツ(※2)と,その提供企業・施設を紹介
  ○ 学習の補助資料「Q都スタディーシート」を提供

(※2)学習コンテンツについて

  ・SDGsの17のゴールに対応する20件の学習コンテンツを,学校の多様なニーズに対応できるよう提供

  ・施設見学等により旅行中に1~2時間で手軽に学べるコンテンツ(19件)

  ・コーディネーターとともに,学校での事前学習から,旅行中の体験学習・交流,事後学習まで,じっくりと学べるコンテンツ
   (1件)

 

(3)特徴

  ○ 1200年にわたり様々な危機に直面しながらも1つのまちであり続けた世界でも稀有なまち「京都」をSDGsのヒントとなる
   舞台として紹介

  ○ 1200年分の願いと工夫を,「なんでだろう?」と問いかけることで子どもの関心を引き出し,その謎解きをSDGs探求に
   つなげる学習コンテンツを提供

  ○ 学習コンテンツの提供には,先人の願いと工夫を紹介するとともに,地域企業,これからの1000年を紡ぐ企業認定の
   認定企業等と連携

 

2 お問合せ

京都市産業観光局観光MICE推進室
電話:075-746-2255

 

<参考>京都観光推進協議会について

 1 概  要

 (1)設  立 昭和59年4月

 (2)目  的 一般観光客及び修学旅行生の誘致並びに受入体制の整備を促進し,観光事業の振興に寄与する

 (3)構成団体 京都市,京都市交通局,(公社)京都市観光協会,京都商工会議所,
            京都観光旅館連盟,京都府旅館ホテル生活衛生同業組合,
            京都府旅館ホテル生活衛生同業組合教育旅行部会,
            日本旅館協会京都府支部,京都観光土産小売商連盟,
            (一社)京都府バス協会,(一社)京都府タクシー協会,京都観光施設協議会

 (4)協賛会員 西日本旅客鉄道株式会社,東海旅客鉄道株式会社,株式会社JTB,
            近畿日本ツーリスト株式会社,株式会社日本旅行,東武トップツアーズ株式会社

 (5)事務局  京都市産業観光局観光MICE推進室内

 

 2 事業内容

 (1)修学旅行誘致宣伝受入事業
   ア 修学旅行到着歓迎式等の実施
   イ 修学旅行生誘致に向けた取組
   ウ 受入環境の整備

 (2)一般観光客誘致宣伝受入事業
   ア 京都観光魅力アップ事業への協力
   イ 観光宣伝PR事業
   ウ 京都市メディア支援センター事業への協力

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション