スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和3年 京都観光に関する市民意識調査の結果について

ページ番号296129

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月23日

令和3年 京都観光に関する市民意識調査の結果について

 

 京都市では,コロナ禍からの京都観光の力強い回復と,コロナ収束後の新たなステージに対応していくため,令和3年3月に「京都観光振興計画2025」を策定し,持続可能な観光を目指した取組を進めています。また,その実現に向けては,京都観光に関する市民の皆様の御意見やニーズを的確に把握し,市民生活と観光の調和や,観光による地域への貢献等により市民の皆様の満足度や豊かさの向上につなげることが重要です。

 これを踏まえ,本市では,令和3年の京都観光に関する市民意識について調査を実施し,この度,当該調査の結果を取りまとめましたので,お知らせします。

1 調査の概要

(1)調査目的

 京都市民の皆様の京都観光に関する意識や京都市の観光政策・施策の認知度等を把握し,今後の取組に生かすとともに,新たな観光施策を立案するための基礎資料として活用する。

(2)調査の方法等

ア 調査の対象

  京都市内在住の満18歳以上の市民 5,500人(無作為抽出)

イ 調査の方法

  郵送調査法

ウ 調査の期間

  令和3年11月22日月曜日~令和3年12月13日月曜日

エ 有効回答数

  2,321件(回答率42.2%)
年代別

10歳代

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代

60歳代

70歳代

80歳以上

無回答

実数(人)

28

192

236

342

399

379

450

247

48

2,321

構成比(%)

1.2

8.3

10.2

14.7

17.2

16.3

19.4

10.6

2.1

100.0

居住区別

 

北区

上京区

左京区

中京区

東山区

山科区

実数(人)

213

219

195

233

206

209

構成比(%)

9.2

9.4

8.4

10.0

8.9

9.0

 

下京区

南区

右京区

西京区

伏見区

無回答

実数(人)

207

185

214

204

186

50

2,321

構成比(%)

8.9

8.0

9.2

8.8

8.0

2.2

100.0

(3)調査結果

本市ホームページにおいて公開します。

https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000296024.html

2 主な調査結果

問1 あなたの住んでいる場所の近く(歩いて10分程度)に,有名な観光地や文化観光施設(美術館,博物館,体験施設等)はありますか。

住んでいる場所の近く(歩いて10分程度)に有名な観光地や文化観光施設が「ある」人は60.8%と,約6割を占めた。

上京区と東山区では「ある」が9割以上を占めている。

 

【具体的な観光地・文化観光施設名】

近くにある具体的な観光地・文化観光施設名は,「二条城」が6.5%で最も高く,以下,「東寺」「嵐山」「京都御所」「北野天満宮」「桂離宮」が続いている。

問2 あなたの住んでいる場所の近く(歩いて10分程度)にある宿泊施設についてお教えください。

住んでいる場所の近く(歩いて10分程度)にある宿泊施設は,「旅館・ホテル」が36.5%,「その他宿泊施設(ゲストハウス・民泊など)」が34.5%,「ない」が34.2%と,それぞれ約3.5割となっている。

中京区と下京区では「旅館・ホテル」が8割台,中京区・東山区・下京区では「その他宿泊施設(ゲストハウス・民泊など)」が7割台と高くなっている。

一方,山科区,西京区,伏見区では「ない」が5割台と高い。

問3  あなたは,普段,京都へお越しになられた観光客と関わりがありますか。

観光客との関わりについては,「普段の生活(通勤・通学や買い物に行くときなど)で,観光客をよく見かける」が52.6%で最も多い。

問4 あなたは,普段どの程度の頻度で京都市内を観光(寺院・神社や美術館・博物館等への訪問など)されますか。

京都市内の観光頻度は,「1ヶ月に1回~半年に1回程度」が29.5%で最も高く,以下,「不定期(親族,友人が京都に来たときなど)」が25.6%,「京都市内の観光はほとんどしない」が24.3%で続いている。

問5 前回,京都市内を観光された際の満足度と,その理由についてお教えください。

京都市内の観光の満足度は,「満足」が33.0%で最も高く,「大変満足」の5.7%,「やや満足」の25.6%の合計は64.3%となっている。

また,「どちらともいえない」は22.1%,「やや不満」「不満」「大変不満」を合計した結果は11.4%となっている。

問6 あなたが,この1年以内に京都市内で観光された観光スポット等(寺院・神社や美術館・博物館等)についてお教えください。

この1年以内に観光した観光スポットは,「北野天満宮」が20.2%で最も高く,以下,「八坂神社」「清水寺」「嵐山」「京都市動物園」「梅小路公園」が1割台で続いている。

問7  京都の歴史や文化,伝統,人々の暮らしなどが将来にわたって引き継がれるよう,あなたが普段取り組んでいることについてお教えください。

京都の歴史や文化,伝統,人々の暮らしなどが将来にわたって引き継がれるよう,普段から取り組んでいることは,「町内会への参加など,地域とのつながりや交流を大切にしている」が31.9%,「地域の祭や地蔵盆などの行事に参加するようにしている」が31.5%で続いている。

一方で,「特に取り組んでいることはない」が42.1%で最も高い。

問8  京都の美しい自然やまちなみ,環境が将来にわたって引き継がれるよう,あなたが普段取り組んでいることについてお教えください。

京都の美しい自然やまちなみ,環境が将来にわたって引き継がれるよう,普段取り組んでいることは,「ごみの分別にしっかり取り組んでいる」が76.3%,「マイボトルやエコバッグを使用している」が74.6%で上位となっている。

問9 観光客や京都観光が,あなたにもたらす影響についてお教えください。

『6 一部の観光地・文化観光施設及びその周辺地域が混雑する』『7 路線バスや地下鉄などの公共交通機関が混雑する』『8 道路が渋滞する』では,「自分がよく経験する」が4割前後,「自分がときどき経験する」が3.5割前後で高い。

一方,『1 観光客の来店により売上が増加し,給与等への好影響がある』『4 観光客と接する機会が増えることで,交流が促進され,交友関係が広がる』では,「影響はない」が6割弱と高い。

問10  観光客や京都観光が,京都市にもたらす影響についてお教えください。

『6 一部の観光地・文化観光施設及びその周辺地域等に混雑が発生する』『7 路線バスや地下鉄などの公共交通機関に混雑が発生する』『8 道路の渋滞が発生する』で,「そう思う」と「ややそう思う」と回答された方の合計は,9割以上と高い。

問11 「住んでよし,訪れてよし,働いてよし」のまちづくりを進めるための京都市の以下の取組について知っていますか。

「知っている」は,『8 景観の保全』で42.7%,『2 公共交通機関の安全対策の強化や利便性向上』で33.5%と高くなっている。

一方,『6 観光関連人材の確保・育成支援』『10 京都観光において大切にしていただきたいことを明示した京都観光行動基準(京都観光モラル)の普及・実践』では,「知らない」が6割台と高くなっている。

問12  京都市の観光に関連のある施策について,あなたが実施してほしいと考える施策はどのようなものですか。

実践してほしい京都市の観光関連施策は,「交通渋滞への対策(公共交通機関を利用した観光の推進,観光バスの路上滞留対策など)」が55.4%で最も高く,「公共交通機関の混雑対策をはじめとする利便性向上」が51.8%,「歴史的・伝統的な町並み景観や自然景観の保全・整備」が50.2%で続いている。

  

(その中から最も実施してほしいものを一つ選択)

最も実施してほしい施策は,「市民が京都観光を楽しむための取組(市民割引,市民のみが入れる特別公開など)」が14.5%で最も高く,「交通渋滞への対策(公共交通機関を利用した観光の推進,観光バスの路上滞留対策など)」が13.9%,「歴史的・伝統的な町並み景観や自然景観の保全・整備」が13.0%で続いている。

問13  あなたは,京都市の発展に,観光が重要な役割を果たしていると思いますか。

京都市の発展に,観光が重要な役割を果たしているかについては,「そう思う」が47.6%で最も高く,「とてもそう思う」の26.9%を合計すると74.5%となっている。

問14 あなたの親類,友人,知人等に京都観光をおすすめしたいですか。

京都観光をおすすめしたいかどうかは,「おすすめしたい」が51.7%で最も高く,「とてもおすすめしたい」の18.0%を合計すると69.7%となっている。

問15 おすすめしたい特定の場所についてお教えください。

京都観光でおすすめしたい場所は,「寺院・神社」が88.8%で最も高く,「飲食店」が33.3%,「美術館・博物館」が31.6%で続いている。

問16  あなたは,京都へお越しになられる観光客と関わりを持ちたいと思いますか。

観光客との関わりについては,「自分から声をかけないが,道案内を求められたときは対応したい。」が76.1%で最も高く,「困っていそうなときは,声をかけるなど,関わりを持ちたい。」が16.0%と続いている。

問17 観光に関わる仕事(宿泊業,飲食業,土産物店 など)のイメージについてお教えください。

『社会や地域に貢献している』について,「そう思う」と「ややそう思う」と回答された方の合計は,57.6%で最も高く,『仕事を通じて成長できそう』が36.4%で続いている。

一方,『給与,待遇が良さそう』『休みを取りやすい』では,「そう思う」と「ややそう思う」と回答された方の合計は,1割未満と低い。

問18 あなたは京都市が観光に関して評価されることを誇りに感じますか。

京都市が観光に関して評価されることを誇りに感じるかどうかは,「誇りに感じる」が48.1%で最も高く,「とても誇りに感じる」の20.0%の合計は68.1%となっている。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション