スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】地域と調和し,貢献する宿泊施設の優良事例集「これからのお宿」の発行について

ページ番号295988

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年3月30日

地域と調和し,貢献する宿泊施設の優良事例集「これからのお宿」の発行について

 京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)では,持続可能な観光を一層進めるため,「京都観光行動基準(京都観光モラル)」の周知や実践を支援しています。

 この度,京都観光行動基準(京都観光モラル)を踏まえ,地域経済や地域コミュニティの活性化へ貢献している宿泊施設の取組事例集を発行しますので,お知らせします。

 宿泊事業者の皆様の参考としていただき,地域との調和した取組の輪を広げることで,宿泊施設の様々な形での地域調和・地域貢献について,市民・地域の皆様や事業者の皆様に実感いただけるよう取り組んでまいります。

1 内容

 京都観光行動基準(京都観光モラル)を踏まえ,地域の多様な主体の一員として市民生活と調和し,地域団体等と連携した取組によって地域経済や地域コミュニティの活性化へ貢献している宿泊施設の取組事例を紹介しています。

2 規格

 A4カラー 8ページ

3 掲載場所等

 令和4年3月30日(水曜日)から京都市情報館(京都市ホームページ)において,閲覧・ダウンロードしていただけます。

 また,冊子については,宿泊施設の営業許可申請窓口等に配架します。

<参考>

「京都観光行動基準(京都観光モラル)」※抜粋

<観光事業者・従事者等の皆様と大切にしていきたいこと>

 ~地域とともに事業が持続的に発展していくために~

(地域文化・コミュニティへの貢献,市民生活と観光の調和)

1 地域の魅力や,市民生活の豊かさが高まるよう,地域との調和に配慮し,地域文化・コミュニティ・経済の発展に貢献するとともに,観光客に対しても,地域のルールや習慣を伝えていきましょう。

(質の高いサービス・商品の提供・人材育成) 

2 観光客が感動し,京都を再び訪れたいと思っていただけるよう,京都の歴史や文化,伝統を学ぶとともに,観光客それぞれの文化や生活習慣をよく理解し,敬い,おもてなしの心でサービス・商品の質を高めていきましょう。

(環境・景観の保全)

3 京都の美しい自然やまちなみと地球環境の保全につながるよう,地域の自然環境や景観に配慮するとともに,環境にやさしい事業活動を行いましょう。

(災害や感染症等の危機に強い観光の実現)

4 誰もが安心・安全で過ごせるとともに,事業を継続し,従業員の雇用を維持できるよう,災害や感染症,事故等に注意し,十分に備え適切に行動しましょう。

※ その他の項目等は以下から御確認いただけます。

https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000277340.html

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション