スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】中小企業デジタル化推進事業成果事例発表会~京都企業の事例から学ぶデジタル化のポイント~の開催について

ページ番号294466

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年2月8日

【広報資料】中小企業デジタル化推進事業成果事例発表会~京都企業の事例から学ぶデジタル化のポイント~の開催について

 京都市及び京都府中小企業団体中央会では,市内中小企業等のデジタル化を推進するため,幅広い業種の中小企業や業界団体を対象に,専門家を派遣し,分析したそれぞれの課題解決に向けたITツールの選定から導入までを支援する「中小企業デジタル化推進事業」を実施しています。

 この度,デジタル化が難しい中小企業の導入促進に向けて,同事業の専門家派遣を担っている特定非営利活動法人ITコーディネータ京都と連携して,京都らしいデジタル化の成功事例や先進事例等を発信・解説する成果事例発表会を下記のとおり開催します。

1 日時

令和4年3月15日(火曜日) 午後1時15分~午後5時15分

2 会場

京都経済センター7階 7-E・F会議室 及び オンライン

※ 新型コロナウイルス感染症の状況によっては,オンライン開催のみとなる場合があります。

3 内容

⑴ 基調講演

テーマ:中小企業が生き残るためのデジタルの活かし方

講 師:吉村 正裕 氏(株式会社サイバー・アシスト代表取締役社長,株式会社ハイフィット代表取締役会長,吉村酒造株式会社代表取締役会長(6代目蔵元),一般社団法人イーコマース事業協会第5代会長(代表理事))

⑵ 事例発表

ア 事業実施報告(特定非営利活動法人ITコーディネータ京都)

イ 各社事例発表

  • 合同会社GreenOceanz「顧客の声から器のサブスク事業を開始」
  • 京都表具協同組合「「表具」の未来をサイトの形に」
  • 株式会社大原商店「和装小物問屋のDX挑戦~1988→2022~」
  • 移動する竹村商店「やきいも屋のDXによる新しい形」

ウ 事例報告へのコメント(吉村 正裕 氏)

エ 次年度事業紹介(京都市)

4 定員

会場参加定員:50名(先着順・要申込)

※ 会場での定員が超えた場合,オンラインで御参加ください。(オンラインは400名まで)

5 参加費

無料

6 申込期間

令和4年2月8日(火曜日) 午前10時 ~ 3月14日(月曜日) 午後5時

7 申込方法

以下のWebサイトからお申し込みください。

https://www.itc-kyoto.jp/京都デジタル化推進事業成果発表会/外部サイトへリンクします

8 主催等

主催:京都市,京都府中小企業団体中央会,特定非営利活動法人ITコーディネータ京都

共催:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

後援:経済産業省近畿経済産業局,京都府,独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部,京都商工会議所,公益財団法人京都高度技術研究所,公益財団法人京都産業21,一般社団法人京都府情報産業協会,京都コンピューターシステム事業協同組合,株式会社商工組合中央金庫,株式会社京都銀行,京都信用金庫,京都中央信用金庫,株式会社滋賀銀行

※ 後援は予定を含む。

9 問合せ先

特定非営利活動法人ITコーディネータ京都

メール:[email protected]

広報資料・チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

産業観光局 産業イノベーション推進室
電話:075-222-3339
ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション