スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「きものの日」(11月15日)に合わせた取組について

ページ番号291362

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年11月8日

お知らせ(経済同時)

令和3年11月8日

産業観光局(クリエイティブ産業振興室 電話222-3337)

 京都市では,京都和装産業振興財団,京都府,京都商工会議所等とともに,和装(きもの文化)のユネスコ無形文化遺産登録に向けての取組を進めているところです。

 11月15日の「きものの日」には,平成27年度から経済産業省の有志職員により和装勤務が実施されるとともに,全国の和装業界等が総力をあげて,きもの着用の取組を実施されています。

 和装(きもの文化)のユネスコ無形文化遺産登録へ向けて一層機運を高めていくとともに,更なる和装振興への契機として,11月15日の「きものの日」に加えて,11月12日の産業交通水道委員会においても市職員が和装勤務を行うとともに,和装業界や学生有志等が取組を実施しますので,お知らせします。

(参考)きものの日(11月15日)について

 京都市内に事務局を置く一般社団法人全日本きもの振興会(※)が「七五三の日に家族そろってきもので出かけてほしい」との願いから,昭和41年の設立時に制定されました。

※ きものに関する知識の普及を通じて民族衣裳に対する国民の再認識ときもの文化の向上を図ることを目的に,昭和41年に発足以降,「きもの文化検定」など,様々な和文化推進事業を行っている。

1 市職員和装勤務

(1)「きものの日」(11月15日実施)

 概要:有志の京都市職員がきもの姿で業務を行います。(きものは持参又は自費でレンタル) 

  【過去の参加職員数】

  平成29年度:160名,平成30年度:113名,令和元年度:115名,令和2年度:118名

 ※きものの日(11月15日)における和装勤務は,京都和装産業振興財団や京都商工会議所をはじめとした京都経済センターへの入居団体及び文化庁地域文化創生本部にも呼び掛けています。

(2)産業交通水道委員会(11月12日実施)

 概要:「きものの日」の機運を高めるため,産業観光局有志職員が和装勤務を行います。また,当日開催の産業交通水道委員会に出席する理事者がきものを着用します。

2 和装業界の取組

(1)きものの日広告塔コンクール(主催:京都織物卸商業組合)

  インスタグラムにきもの姿を投稿していただき,きもの好きの方がアイコンとなり,きものの日をPRする取組です。コンクール応 募用フレーム「きものの日ブック表紙アプリ」にて撮影したきもの姿を「#きものの日広告塔」のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿してもらい,入賞者には豪華賞品をプレゼントします。

   応募期間:募集中~令和3年11月30日(火曜日)まで

  ホームページ :https://www.fashion-kyoto.or.jp/event/2021kimonoday.html外部サイトへリンクします

   問合せ先:京都織物卸商業組合 075-353-1010

 

(2)kimono mix(主催:西陣織工業組合) ※今回初の取組

 2022年に「西陣呼称555周年」の節目を迎える西陣織工業組合が,きもので楽しむ・きものを楽しむきもの交流会「kimono mix」を開催します。

      日時:令和3年11月15日(月曜日)午後5時30分~午後8時

      場所:西陣織会館 1階

   企画内容:きものが好きな方やきもの初心者だけど興味はある方,西陣織の織元や職人などに多数参加いただき,来場者同  士で楽しく交流できます。そんな交流の場を,京都市の北区と上京区を主なサービスエリアとして FMラジオ放送を行う「FM87.0 RADIO MIX KYOTO(ラジオミックス京都)」が会場を盛り上げます。

   参加費用:受付で1,000円のチケット購入(500円分のクーポン付)

   問合せ先:西陣織会館 075-451-9231(午前10時~午後4時/月曜休館)

 

(3)  着物でまちあるき(主催:京都和装産業振興財団)【募集約100名(参加受付終了)】

  若い世代の方に着物姿で京都のまちを散策してもらい,地元京都の魅力を再発見していただく取組です。

   実施日:令和3年11月13日(土曜日)

 申込締切:令和3年10月24日(日曜日)

 参加費用:気軽なまち着プラン:1,000円,正絹のきものプラン:6,000円

※ 家族参加の場合は,お子様(児童・生徒等)は無料

ホームページ:http://kimono-machiaruki.com/外部サイトへリンクします

  問合せ先:京都和装産業振興財団 075-371-1300

 

(4) 大丸京都店の取組

 大丸京都店では京都市,和装業界による「きものの日」の取組に賛同し,6階呉服売場にて販売員のきもの着用と,京友禅の老舗「千總」のきもの展示を行います。

成人式などできものに関する御相談がございましたら,お気軽にお尋ねください。

・「千總」きもの展示

  実施日:令和3年11月10日(水曜日)~16日(火曜日)

  場所:大丸京都店 6階 呉服売場

・呉服売場販売員によるきもの着用

  実施日:令和3年11月13日(土曜日)~15日(月曜日)

※ 雨天の場合,きもの着用は実施しない場合がございます。

  問合せ先:株式会社大丸松坂屋百貨店 大丸京都店 PR広報担当

    電話:075-241-6974

 

3 学生関連団体との取組

  鼻緒付きスニーカー等を手掛ける「京都芸術大学 KYOTO T5・Whole Love Kyoto」や京都大学着物サークル「京都着物企画」に協力を依頼し,インスタグラムを活用のうえ,若年層への「きものの日」の周知ときもの着用を呼び掛けます。

   問合せ先:クリエイティブ産業振興室 075-222-3337

 

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局クリエイティブ産業振興室

電話:(代表)075-222-3337,(コンテンツ産業振興)075-222-3306

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション