スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】知恵創出“目の輝き”企業認定及び認定授与式の開催について

ページ番号290115

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年10月5日

広報資料

地方独立行政法人京都市産業技術研究所(担当:知恵産業融合センター,電話:075-326-6100)

京都市産業観光局(取次:産業イノベーション推進室,電話:075-222-3324)

知恵創出“目の輝き”企業認定及び認定授与式の開催について

 (地独)京都市産業技術研究所(以下「産技研」という。)では,知恵ビジネス(※)の普及を目指して,産技研が技術面からサポートし,「伝統技術と先進技術の融合」や「新たな気づき」といった知恵産業をキーワードに製品化・事業化に結び付いた企業4社を,知恵創出“目の輝き”企業として認定しました。9回目となる今回の認定で,認定企業は延べ39社となります。

 また,認定企業に対する認定授与式を開催しますので,お知らせします。

※ 京都の地域特性や企業独自の強みを活かし,新たな知恵によってオリジナルの技術や商品,サービス等を創出し顧客創造を目指す取組み。

1 第9回 知恵創出“目の輝き”認定企業

(1)遊部工芸株式会社(京都市下京区)

(2)株式会社大西常商店(京都市下京区)

(3)株式会社佐藤喜代松商店(京都市北区)

(4)羽田酒造有限会社(京都市右京区)

2 認定授与式

(1)日時

令和3年11月8日(月曜日)午前10時~午前11時

(2)場所

からすま京都ホテル(京都市下京区烏丸通四条下る)

(3)内容

・開式

・主催者挨拶 西本 清一 (地独)京都市産業技術研究所理事長

・来賓挨拶   門川 大作 京都市長

・  〃     塚本 能交 京都商工会議所会頭

・表彰状及び認定証授与

・乾杯      宮本 研二 京都ものづくり協力会会長

・記念撮影 

・認定企業の展示内覧会

 ※ 新型コロナウイルスの感染拡大状況により,内容等を変更する場合があります。

  ※ 昨年度と同様,同時開催している成果発表会及び交流会は実施せず,一般参加者も募集いたしません。

3 問合せ先

(地独)京都市産業技術研究所 知恵産業融合センター(担当:廣岡・吉田)

〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館南棟

TEL:075-326-6100 FAX:075-326-6200 

(参考)知恵創出“目の輝き”企業認定について

1 企業認定について

 伝統技術と先進技術の融合事例となる製品化・事業化を行った,又は,「新たな気づき」により製品化・事業化等に結び付け,知恵産業の推進に大きく寄与した企業・団体。

 認定に当たっては,京都の知恵産業を推進する産業支援機関等で構成する「知恵産業推進有識者会議(※)」の意見を参考に選定している。

※「知恵産業推進有識者会議」構成員

  京都商工会議所,(公財)京都高度技術研究所,(公社)京都工業会,京都工芸繊維大学

2 認定企業への支援

 産技研による技術支援や研究所内ショールーム「京乃TANA」での製品展示,産技研アドバイザーによる支援のほか,京都市の各種支援制度(※)の対象となることができる。

※ 京都市の支援制度

  (市内に本店,支店,営業所,工場,その他事業所を有する中小企業であることが条件)

  ・ 企業立地促進制度

  ・ 融資(京都市関連認定制度資金)

  ・ 京都市ベンチャー購買新商品認定制度 等

(参考)第9回 知恵創出“目の輝き”認定企業について

遊部工芸株式会社

(主な業務)漆器の製造,販売,修理 

(所在地)京都市下京区東洞院四条下ル元悪王子町47-5

(代表)代表取締役 遊部 尋志

(設立)1946年

(資本金)1,000万円

(従業員数)12名

(認定内容)「食べやすさにこだわった漆塗り介護スプーンの開発」

 産技研,京滋摂食嚥下を考える会とともに,高齢者や障害者を始めとする方々の食生活を便利で豊かにすることを目的として,嚥下(えんげ:食べ物を飲み込むこと)しやすさを追求した木製漆塗りのスプーンを開発した。クラウドファンディングサイト「Makuake」にて販売を実施。目標額(15万円)を上回る271%の支援額を達成した。 


株式会社大西常商店

(主な業務)京扇子の製造,卸し,小売り 

(所在地)京都市下京区本燈籠町23

(代表)代表取締役 大西 久雄

(設立)昭和初期

(資本金)500万円

(従業員数)2名

(認定内容)「『扇ルームフレグランスかざ』の開発」

 扇用に薄く加工された竹が持つ保香性を応用し,アロマを吸収するスティック部分に竹を使用することで香りを長く保つことができる「扇ルームフレグランスかざ」を開発。

 カラーバリエーションを増やしたいという要望に対し,産技研がムラや色落ちしない染色方法を技術移転し,黒及び茶色の「かざ」を商品化した。


株式会社佐藤喜代松商店

(主な業務)漆の精製,販売,捺染スクリーン製版資材販売,漆工芸教室,漆製品OEM

(所在地)京都市北区平野宮西町105番地

(代表)代表取締役 佐藤 貴彦 

(創業)1921年

(資本金)1,350万円

(従業員数)6名

(認定内容)「薄膜旋回分散法を用いた新規分散生漆を利用した商品開発」

 産技研と共同で開発した薄膜旋回分散法を用いた新規分散生漆を商品化。  

 この生漆は,これまでにない高い光沢感・透明感が特徴で,京都市役所本庁舎1階のエレベーターの扉に採用。産技研と佐藤喜代松商店の共同で特許出願し,登録された。


羽田酒造有限会社

(主な業務)初日の出ブランドを中心とした日本酒製造 

(所在地)京都市右京区京北周山町下台20

(代表)代表取締役 羽田 正敏

(設立)1893年

(資本金)3,000万円

(従業員数)13名

(認定理由)「京都酵母『京の恋』を使用した無濾過生原酒の開発」

 産技研が開発した京都酵母「京の恋」を実用化し,ハーブやチーズなどを合わせながらワイングラスで楽しめる新感覚の日本酒「初日の出 純米大吟醸 無濾過生原酒」を開発。水源は蔵の背後を流れる桂川源流域の伏流水と,原料米として「京都府産五百万石」を使用している。


広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局産業イノベーション推進室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション