スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】第4回「京都らしい宿泊施設表彰」対象施設の募集について

ページ番号289177

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年9月13日

広報資料

令和3年9月13日

産業観光局(観光MICE推進室 電話:746-2255)

第4回「京都らしい宿泊施設表彰」対象施設の募集について-令和3年度は「市民生活と調和し,地域に貢献する宿泊施設」を表彰します-

 京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)では,持続可能な観光を一層進めるため,「京都観光行動基準(京都観光モラル)」の周知や実践を支援しています。

 第4回目となる「京都らしい宿泊施設表彰」は,同基準の基本となる「地域文化・コミュニティへの貢献,市民生活との調和」を宿泊施設の皆様と実践していくため,下記のとおり,「市民生活と調和し,地域に貢献する宿泊施設」を表彰の対象として募集しますので,お知らせします。

 新型コロナウイルスの感染拡大により多くの地域活動等が中止・縮小となる中,ウィズコロナ社会に即した活動に取り組む「京都らしい宿泊施設」を表彰することにより,様々な地域調和・地域貢献の形を市民・地域の皆様や事業者の皆様に実感いただけるよう広く発信してまいります。

1 募集概要

(1)表彰の対象

 <市民生活と調和し,地域に貢献する宿泊施設>

 新型コロナウイルス感染症による深刻な影響の中においても,京都観光行動基準(京都観光モラル)を踏まえ,地域の多様な主体の一員として,市民生活と調和し,地域団体等※と連携した取組によって,地域経済や,地域コミュニティの活性化へ貢献している宿泊施設。

 また,次項⑵アの地域団体等との共同応募の場合は,宿泊施設に加えて,連携している当該地域団体等も表彰の対象とします。

 なお,これまでに「京都らしい宿泊施設表彰」を受けたことのある宿泊施設についても,応募資格,選考基準等を満たすものは表彰の対象とします。

※ 地域団体等:特定の自治会・町内会,学区自治連合会,商店街,NPOなど

(2)応募資格等

 旅館業法許可施設(「旅館・ホテル」,「簡易宿所」)又は住宅宿泊事業法届出施設(「民泊」)で,次のア又はイの方法により応募してください。

ア 連携している地域団体等と共同で応募

イ 連携している地域団体等からの推薦

※ アの区分で応募の場合は事前に連携している地域団体等の代表者の了承を得たうえで応募してください。

(3)選考基準

 必須項目を満たすとともに,審査項目を実施している事業者を審査し,表彰します。

(必須項目)

  ・ 旅館業法許可施設においては,募集締切日時点で営業開始日から1年を経過し,宿泊実績があること。住宅宿泊事業法

        届出施設においては,募集締切日時点で住宅宿泊事業法届出日から1年を経過し,宿泊実績があること。

  ・ 表彰の対象となる取組が,令和2年1月以降に行われていること。

(審査項目)

 地域団体等と連携した,(ア)(イ)のいずれかの具体的取組によって,地域経済や,地域コミュニティの活性化に貢献している宿泊施設であること。

 ただし,具体的取組は,新型コロナウイルス感染症に関連する京都府・市の要請等の内容に沿ったものであり,かつ感染防止対策が講じられたものであること。

 

   (ア) 宿泊施設が,宿泊客に対して地域経済の活性化に寄与するサービス提供や支援

    例 ・ 地元商店や飲食店等と連携し,宿泊客の地域回遊性を高めるための宿泊サービスを提供

       ・ 観光客の減少により集客に困っている地元商店等と連携し,近商圏から地域への集客につなげるため,

       感染防止に配慮した地域振興イベントを実施 等

   (イ) 宿泊施設が,地域活動を実施,又は参加・協力

    例 ・ 地域の会合等を開催する際に密を避けるため,宿泊施設の広い会場を提供

       ・ 避難所における密を避けるため,新たに地域と防災協定を締結し,配慮が必要な方の避難場所を無償で確保

       ・ 感染防止対策を施しながら,空室を利用して,地域の子ども向けの学習教室等を無償で実施 等

(留意事項)

 宿泊施設営業において各種法令に違反している,行政指導を受けているなど,他の模範となる宿泊施設(事業者)として適当でないと認められる場合には,表彰の対象としない又は表彰を取り消すことがあります。

(4)募集期間

令和3年9月13日月曜日~令和3年10月18日月曜日(消印有効)

(5)応募様式 申請書(別紙1),推薦書(別紙2)

ア 京都市公式ウェブサイト「京都市情報館」において,申請書又は推薦書がダウンロードいただけますので,必要事項を記載の

 うえ,御応募ください。令和3年9月13日月曜日午後3時から御覧いただけます。

イ 市役所及び区役所・支所等の本市施設において応募用紙を発表同日以降順次配架します。

(6)応募方法

申請書又は推薦書をEメール又は郵送にて提出してください。

  (応募先・問合せ先)

〒604-8005 京都市中京区河原町通三条上る恵比須町427番地 京都朝日会館3階

京都市産業観光局観光MICE推進室(宿泊環境整備担当)

Eメール:kankomice-hyosyo@city.kyoto.lg.jp 電話:075-746-2255

  ※ Eメールの場合は提出物の容量の合計が10MB以内に収まるようにしてください。

 

(7)表彰

応募内容の確認,外部有識者の意見聴取のうえ,被表彰者を決定します。

被表彰者には,表彰状を授与し,活動内容等を京都市情報館等で広く発信いたします。

(8)その他

申請(推薦)書等の提出物は返却しません。また,応募いただいた施設の審査結果については,広報発表にてお知らせします。

2 スケジュール(予定)

   9月13日~10月18日   募集期間

 10月下旬 ~12月中旬  審査・被表彰者決定

   1月以降             表彰

【お問合せ先】

京都市 産業観光局 観光MICE推進室 (宿泊環境整備担当) 電話:075-746-2255

「京都観光行動基準(京都観光モラル)」※抜粋

<観光事業者・従事者等の皆様と大切にしていきたいこと>

  ~地域とともに事業が持続的に発展していくために~

(地域文化・コミュニティへの貢献,市民生活と観光の調和)

1 地域の魅力や,市民生活の豊かさが高まるよう,地域との調和に配慮し,地域文化・コミュニティ・経済の発展に貢献するとともに,観光客に対しても,地域のルールや習慣を伝えていきましょう。

(質の高いサービス・商品の提供・人材育成) 

2 観光客が感動し,京都を再び訪れたいと思っていただけるよう,京都の歴史や文化,伝統を学ぶとともに,観光客それぞれの文化や生活習慣をよく理解し,敬い,おもてなしの心でサービス・商品の質を高めていきましょう。

(環境・景観の保全)

3 京都の美しい自然やまちなみと地球環境の保全につながるよう,地域の自然環境や景観に配慮するとともに,環境にやさしい事業活動を行いましょう。

(災害や感染症等の危機に強い観光の実現)

4 誰もが安心・安全で過ごせるとともに,事業を継続し,従業員の雇用を維持できるよう,災害や感染症,事故等に注意し,十分に備え適切に行動しましょう。

 

※その他の項目等は以下から御確認いただけます。

https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000277340.html

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション