スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和2年度「地域と宿泊施設の連携事業補助金」を活用した事業の募集について

ページ番号276243

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月16日

令和2年度「地域と宿泊施設の連携事業補助金」を活用した事業の募集

 京都市では,平成28年10月に「京都市宿泊施設拡充・誘致方針」を策定し,観光立国・日本をリードする安心安全で地域と調和した宿泊観光の向上に取り組んできました。令和元年度には,地域の持続的発展に取り組む質の高い宿泊施設を増やし,宿泊観光の効果を市民生活の豊かさに一層つなげるため,地域団体等と宿泊施設の協働による取組を支援する「地域と宿泊施設の連携事業補助金」を創設しました。

 この度,令和2年度の同補助金を活用した事業を募集しますので,お知らせいたします。

1 目的

 地域団体等と宿泊施設の協働による取組を支援することにより,安心安全で地域と調和した宿泊観光の向上を図る。

※ 地域団体等:特定の自治会・町内会,学区自治連合会,商店街,NPOなど

2 募集開始

令和2年10月16日(金曜日)

※ 予算がなくなり次第,受付は終了となります。

3 補助対象者

 地域団体等と宿泊施設が連携して地域の活性化に資する取組を実施しようとするもののうち,以下の者

(1)旅館業法許可施設(「旅館・ホテル」,「簡易宿所」)

(2)住宅宿泊事業法届出施設(「民泊」)

(3)地域団体等

 ※ なお,宿泊施設においては中小企業者に限るものとします。

 ※ 地域団体等と宿泊施設の同一の組合せによる申請は1度限りですので御留意ください。

4 補助対象事業(補助率:対象経費の2分の1以内,補助上限額:50万円)

(1)地域団体等と宿泊施設が協働により実施する地域の活性化に資すると考えられる以下ア~エの事業を新たに実施又は拡充するにあたっての広報経費(ホームページの新設や充実,パンフレットや標識の作成など,広報・周知に係る経費)

(2)ア~エ以外で,市長が特に必要と認める事業の経費

ア 宿泊客への地域の飲食店等と連携した宿泊サービスの提供

  (例)宿泊施設周辺の飲食店や銭湯等と連携し,割引券を発行するなどの取組に係る広報経費

イ 宿泊客への地域の食材を活用した地産地消サービスの提供

  (例)宿泊施設近隣で採れる野菜等の食材を使った新たに開発したメニューの周知に係る広報経費

ウ 宿泊客への地域の観光資源を活用した観光ツアー等のサービスの提供

  (例)宿泊施設近隣の観光資源を巡る京都市ビジターズホスト等を活用したモニターツアーの周知に係る広報経費や新たに作成したツアーマップの作成経費

エ 地域の催しにおける宿泊客と地域との交流促進

  (例)宿泊施設周辺の自治会等が開催する地蔵盆に宿泊客を招待するなどの取組に係る広報経費

5 応募方法(詳細は,「令和2年度地域と宿泊施設の連携事業補助金募集要領」参照)

京都市公式ウェブサイト「京都市情報館」において,各種様式がダウンロードいただけますので,必要事項を記載のうえ,以下の書類を持参又は郵送にて御提出ください。

  なお,補助金交付申請に当たっては,主体と連携先(宿泊施設と地域団体等)による共同申請が必要です。

 ・補助金交付申請書(要綱第1号様式)

 ・収支予算書(要綱第2号様式)

 ・事業計画書(様式自由)

 ・申請団体の概要が分かる資料(定款,規約,役員名簿等)

6 書類提出先

〒604-8005

京都市中京区河原町通三条上る恵比須町427番地 京都朝日会館3階

京都市産業観光局観光MICE推進室(宿泊環境整備担当)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション