スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「江戸柿」の初せり状況について

ページ番号276111

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月13日

「江戸柿」の初せり状況(令和2年10月12日(月曜日))

 令和2年10月12日(月曜日)に,江戸柿が初入荷しました。

 江戸柿は,奈良県特産の釣鐘型の渋柿です。干し柿にされることが多いですが,生食用として渋抜き処理をして熟した果肉は,柔らかく甘みも格別です。京都の料亭などでは,食後のデザートとして提供されることもあります。

 今年は,初日の入荷量は前年より増加したものの,7月の長梅雨の影響もあり落果が多く発生するなど,全体の入荷量は前年よりも減少する見込みです。

 江戸柿は11月中旬頃まで入荷される予定です。

 

入荷量及び単価

 1 入荷量

    64箱 (前年 57箱)

 2 単価

    高値 6,600円 (前年 4,500円)

    中値 3,600円 (前年 3,000円)

    安値 1,000円 (前年 1,200円)

 


きれいに色づいた江戸柿


せりの様子

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局産業企画室中央卸売市場第一市場

電話:075-311-6251

ファックス:075-311-6970

フッターナビゲーション