スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】グリーン・デスティネーションズが実施する「TOP100選」に京都市が選出

ページ番号275984

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月7日

グリーン・デスティネーションズが実施する「TOP100選」に京都市が選出

 この度,持続可能な観光の国際的な認証団体であるグリーン・デスティネーションズが実施する表彰制度「TOP100選」に本市が選出されましたのでお知らせします。

 本市は,観光庁が持続可能な観光地マネジメントを行うため取りまとめた「日本版持続可能な観光ガイドライン」の指標の効果検証を行うモデル地区に選定されており,モデル地区事業の一環として「TOP100選」に応募していたものです。

 「TOP100選」に選出されたことにより,本市がグリーン・デスティネーションズのホームページに掲載されるなど,持続可能な観光地としての国際的な認知度向上につながることが期待されます。

 今後も引き続き,観光と市民生活のより良い調和,地域文化や地域コミュニティの継承・発展につながる持続可能な観光の実現を目指してまいります。

グリーン・デスティネーションズ及び「TOP100選」について

 グリーン・デスティネーションズは,世界持続可能観光協議会(GSTC)が開発した持続可能な観光の国際指標の国際認証団体の1つです。

 グリーン・デスティネーションズでは,100項目からなる基準を設けており,「TOP100選」では,この100項目の中で特に重要な30の項目のうちの文化財の保護などの15以上の項目に対する取組について,観光地がレポートを提出し,高評価が得られた場合に入選となります。

 入選した地域はWEBサイト上に地域の専用ページが作成され,広く発信されます。

 なお,「TOP100選」には,毎年,世界の100の観光地が選出されております。日本では2018年に釜石市が選出されており,本年は京都市のほか,ニセコ町,釜石市,三浦半島,白川村,沖縄県が選出されています。

世界持続可能観光協議会(GSTC)について

 GSTCは,持続可能な観光の推進と持続可能な観光の国際基準を作ることを目的に,2007年に発足した国際非営利団体です。

 GSTCが開発した基準は,世界で唯一,国連世界観光機関(UNWTO)の指示の下で開発された基準であり,国際連合環境計画(UNEP)などの国連機関,民間企業,NGOなど世界150以上の団体と連携しています。

日本版持続可能な観光ガイドライン(JSTS-D)について

 GSTCが策定した持続可能な観光の国際基準に準拠し,本年6月に観光庁が開発した指標です。なお,本市は,同指標の効果検証を行うためのモデル地区に選出されており,同指標を活用した効果検証の取組を進めています。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション