スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京阪神のスタートアップ・エコシステム構築に向けた連携プロジェクトが「地域への対日直接投資カンファレンス」に採択

ページ番号274628

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年9月3日

京阪神のスタートアップ・エコシステム構築に向けた連携プロジェクトが「地域への対日直接投資カンファレンス」に採択

 この度,京都市では,京都府,大阪府,兵庫県,大阪市,神戸市と連携し,「京阪神のスタートアップ・エコシステム構築に向けた連携プロジェクト(以下「連携プロジェクト」)として,日本貿易振興機構(JETRO)と経済産業省が実施する,地方への外国企業誘致促進を目指す「地域への対日直接投資カンファレンス(Regional Business Conference)※」に応募し,連携プロジェクトが以下のとおり「採択」されましたのでお知らせします。 

                                  記

1 採択プロジェクト名:

 京阪神のスタートアップ・エコシステム構築に向けた連携プロジェクト

2 申請主体・自治体:

 京都府,大阪府,兵庫県,京都市,大阪市,神戸市

3 連携プロジェクトの概要:

 京阪神の「世界に伍するスタートアップ・エコシステムグローバル拠点都市」(令和2年7月に内閣府より選  定)としての地域の強みを活かし,スマートシティ,モビリティ,ヘルスケアの各分野におけるトップ企業,スタートアップを京阪神へ招聘する。

 具体的には,けいはんな文化学術研究都市において,けいはんなリサーチコンプレックスが主催するアクセラレーションプログラム「KGAP+」を軸とし,海外からスタートアップやスタートアップ関係者を京阪神に招聘し,各分野のメンターによるサポートにより,招聘したスタートアップと京阪神のスタートアップや京阪神企業とのマッチングを実施するとともに,けいはんな学研都市での実証実験(PoC)を行い,その成果を国際イノベーション会議「Hack Osaka」と連携し,京阪神地域のスタートアップ・エコシステムの魅力を海外に発信し,対日投資推進に繋げる。

地域への対日直接投資カンファレンス(RBC)の概要

 RBCは,地方自治体が地元に誘致をしたい外国企業に対して,地元のビジネス環境の魅力を発信,地場企業や大学との協業や連携を促すものである。実施にあたり,外国企業誘致に積極的な地方自治体等からプロジェクトを公募,外部審査員等による審査会を経て採択する。採択案件に対しては,JETROより国内外事務所のネットワークを活かしたきめ細かいサポートが行われる。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局産業イノベーション推進室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション