スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】同志社女子大学との「食」を通じた地域活性化と人材育成に関する包括連携協定の締結について

ページ番号273964

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月21日

広報資料(大学同時)

令和2年8月21日

産業観光局(産業企画室 電話:222-3308)

同志社女子大学との「食」を通じた地域活性化と人材育成に関する包括連携協定の締結について

 京都市では,「京の食文化」の魅力発信,京都産食材の生産・流通・消費の拡大,学校や家庭等での食育の取組など,「食」を通じた幅広い施策に取り組んでいます。

 この度,生活科学部(食物栄養科学科食物科学専攻)において「京の和菓子や食材など地の利を生かした学び」を掲げられている同志社女子大学と本市は,「食」を通じた地域活性化と人材育成に関する包括連携協定を締結する運びとなり,下記のとおり締結式を行いますので,お知らせします。

1 日時

 令和2年8月26日(水曜日) 午後3時30分~午後4時

2 場所

 京都市役所 北庁舎4階 第一応接室

3 出席者

 (1) 調印者

   飯田 毅(いいだ つよし)   同志社女子大学長

   門川 大作  京都市長

 (2)その他の出席者

   川﨑 祐子(かわさき ゆうこ)  同志社女子大学生活科学部長

   真部 真里子(まなべ まりこ) 同志社女子大学生活科学部教授

   古瀬 ゆかり 京都市産業観光局 京の食文化・流通戦略監

4 締結式次第

 (1) 出席者紹介

 (2) 概要説明

 (3) 同志社女子大学との包括連携協定の締結

 (4) 挨拶(飯田学長,門川市長)

 (5) 記念撮影

5 協定要旨

 (1)目的

 本協定は,同志社女子大学と本市が相互に連携・協力を深め,人的,知的資源の交流及び活用を図り,それらを通じて,京都市の食に関する施策の充実・発展,同志社女子大学生活科学部における教育・研究の充実・発展に寄与する取組を行うことを目的とします。

 (2)包括連携協定に基づく連携・協力事項

   ア 京の食文化の普及・発展に関すること

   イ 市内産食材の魅力向上に関すること

   ウ 大学の教育・研究活動及び人材育成に関すること

   エ 中央卸売市場活性化・市場流通産品の消費拡大に関すること

   オ 健康長寿・食育・学校給食にかかる情報発信及び活動に関すること

   カ 保育所や子ども食堂等における食育活動の調査に関すること

   キ その他双方が必要と認めること

<参考>同志社女子大学の概要

 所在地: (今出川キャンパス)京都市上京区今出川通寺町西入玄武町602-1

       (京田辺キャンパス)京都府京田辺市興戸南鉾立97-1

 沿 革:

 1876年に開校した「女子塾」をルーツとしている。140年以上にわたる伝統を築き,「キリスト教主義」「国際主義」「リベラル・アーツ」を教育理念の柱とし,より良い社会の実現に向けてリーダーシップを持ち行動ができる女性の育成に努めている。

 学 長:飯田 毅

 学生数(学部・専攻科・大学院):約6,200人

 学 部:学芸学部,現代社会学部,薬学部,看護学部,表象文化学部,生活科学部

 専攻科:音楽専攻科

 大学院:文学研究科,国際社会システム研究科,薬学研究科,看護学研究科,生活科学研究科

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局産業企画室食の京都推進担当

電話:075-222-3308

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション