スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市伝統産業設備改修等補助制度◆令和2年度募集開始◆

ページ番号267358

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年3月27日

広報資料(経済同時)

令和2年3月27日

京都市産業観光局商工部伝統産業課(電話:222-3337)

 京都市では,京都のみならず,日本の伝統文化を支えてきた本市の伝統産業製品等の製造に支障が生じることのないよう,伝統産業製品等又はその材料等の生産に従事する者又は組合が行う設備の改修等を支援する「京都市伝統産業設備改修等補助制度」の募集を以下のとおり開始しますので,お知らせします。

1 募集期間

  令和2年4月1日(水曜日)~5月29日(金曜日)午後5時

 

2 対象者

  京都市内に主たる事務所を有する中小企業者(※1)又は組合で以下の要件を全て満たすこと

 ⑴ 本市が指定する伝統産業製品等を市内で製造する者,又は製造するうえで不可欠な材料,道具等を市内で製造する者又は組合

 ⑵ 後継者が存在するなど,設備改修等後にも継続して一定の期間ものづくりに従事する者又は組合

 ⑶ 産地組合等(※2)の副申(推薦)がある者【中小企業者のみ】

 ⑷ 暴力団員等及び暴力団密接関係者ではない者

※1 中小企業者のうち,統計法(平成19年法律第53号)第2条第9項に規定する統計基準である日本標準産業分類において飲食サービス業に分類される産業(京料理等)を除く。

※2 申請者が所属しうる産地組合等があるにも関わらず,これに所属していない場合,取引先事業者等の紹介により,同業種の産地組合等の副申が必要。なお,申請者が所属しうる組合等が存在しない場合には,取引先事業者が所属する他の産地組合等の副申を以て足りるものとします。

 

3 対象事業

  老朽化や法令等の改正等により,1台につき30万円(税抜)以上の費用を要する設備(※3)の改修,更新及び新設。

※3 伝統産業製品等の製造工程に直接関わる設備であって,専ら伝統産業製品の製造にのみ使用する設備を対象とします。また,補助対象設備は原則「1社1台」とします。

 

4 補助内容

  補助対象経費の3分の1以内の額で,200万円以内の補助金を交付(※4)。

※4 補助金は当該年度予算の範囲内で交付します。そのため,補助申請額が年度予算を超過する場合には,採択された場合でも申請額満額での補助金交付について応じられない場合がありますので,あらかじめ御了承ください。

 

5 申請方法

  所定の申請用紙を京都市産業観光局商工部伝統産業課まで持参し,提出してください(募集要領を参照)。

  ※郵送不可

 

6 融資制度

 本補助金の交付決定を受けた方は,

 「京都市関連認定制度資金」(https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000119631.html)の融資を申し込むことができます。ただし御利用に当たっては,金融機関及び保証協会の審査があり,御希望に添えない場合があります。

 

7 応募・問合せ

  京都市産業観光局商工部伝統産業課

  〒604-8571

  京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地(分庁舎地下1階)

  TEL:075-222-3337 FAX:075-222-3331

  ※土,日,祝日を除く8時45分~17時30分

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請書様式・交付要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局クリエイティブ産業振興室

電話:(代表)075-222-3337,(コンテンツ産業振興)075-222-3306

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション