スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】新型コロナウイルス感染症の地域経済への悪影響を最小限に食い止めるための緊急要望書の提出について

ページ番号266619

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年3月9日

お知らせ(府・経済同時)

令和2年3月9日

新型コロナウイルス感染症の地域経済への悪影響を最小限に食い止めるための緊急要望書の提出について

 3月6日(金曜日)に京都経済対策トップ会議を開催し,新型コロナウイルス感染症による京都経済への影響等について,関係団体等による情報共有・意見交換を行ったところですが,同会議において,これらの意見等を踏まえた緊急要望を国に提出しましたので,その概要について下記のとおりお知らせします。

緊急要望について

1 要望日

  令和2年3月9日(月曜日)

 

2 要望先

  厚生労働大臣,経済産業大臣,国土交通大臣

 

3 要望事項

 ⑴ 中小企業支援

  ・ 経営が悪化している中小企業等への支援策の拡充や補助制度等の柔軟な運用,迅速な適用に向けた中小企業支援

   団体の体制充実・強化等

  ・ マスクや消毒薬等,経済活動の維持・継続に不可欠な物資の円滑な供給

  ・ 中小企業等が取り組むBCP策定をはじめとした緊急事態への対応力の向上や事業継続の取組への支援強化

 ⑵ 観光客激減やイベント自粛等による経営悪化等に対する支援

  ・ 観光客の激減やキャンセルの増加,売り上げ減少等による経営悪化,休校やイベントの中止・延期による減収等に対する

   支援

  ・ 地域の実情に応じた風評被害の拡大防止及び消費回復に向けた対策及び支援

 ⑶ サプライチェーンの回復・強化

  ・ 中国からの部品や建築資材等の供給の遅延による生産や工事,販売への影響に対するサプライチェーンの回復・強化

  ・ 生産性向上や中国以外からの調達先確保,内製化,拠点移転,中小企業の販路拡大への支援や弾力的な運用

 ⑷ 雇用対策等

  ・ 経営が悪化している中小企業等が雇用を維持するための助成金の拡充及び要件緩和

  ・ 非正規雇用労働者に対する支援の充実や,既存の制度による支援が受けられない個人事業主・フリーランス等の収入減

   少に対する支援

  ・ テレワークや時差出勤など柔軟な働き方や従業員が休みやすい環境整備への支援拡充

新型コロナウイルス感染症の影響により業況が悪化した中小企業者等へのセーフティネット保証5号の適用に伴う金融支援について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局産業企画室総務・政策担当

電話:(庶務・計理・労務・調査)075-222-3333,(その他企画等)075-222-3325

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション