スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】学校給食での京北産米の使用について

ページ番号263102

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年1月10日

学校給食での京北産米の使用について

令和2年1月10日

京都市産業観光局(農林振興室 農林企画課 TEL222-3351)

 右京区京北地域では,地域団体等で構成される「京都京北・農山村未来かがやき創生推進協議会(以下,「協議会」という。)」を中心に,農産物のブランド化や地域資源の活用を通じて,京北地域の魅力を発信する取組が進められています。

 現在,市内の小・小中学校における週4回の米飯給食については,京北3小学校でのみ毎回京北米が提供されており,それ以外では府内産米が提供されています。

 今回,京北地域の魅力発信や地産地消及び食育の更なる充実に向けて,協議会と教育委員会事務局が連携し,初めての取組として,京北産米を使用した米飯給食を市立全ての小・小中学校において1日限定で実施します。併せて,当日は,栄養教諭と協議会のメンバーが共同で作成した教材により児童生徒へ給食指導を行い,京北のお米が自然豊かな環境で作られていることや,生産者の方々が米作りで大切にされていることなどを学ぶ機会を提供します。

1 対象

市立の全163校の小・小中学校 約67,000名(教職員含む)

2 実施日

令和2年1月24日(金曜日)

3 献立

 主食のごはんに京北産米(令和元年産米)を使います。また,おかずは主役のごはんが進む和食献立となっています。

4 取材の受入れ

 給食実施日の1月24日(金曜日)に小中学校で児童と協議会,行政関係者による給食交流を実施し,取材の受け入れを行います。

(1)場所 京都市立凌風小中学校(南区東九条下殿田町56)

(2)対象 小学2年生83名

(3)時間 午後0時20分から午後1時5分まで

※ 取材いただける場合は,実施日前日(1月23日(木曜日))までに農林企画課(電話222-3351)へ御連絡ください。

5 給食に合わせた啓発の取組

(1)保護者配布用献立表の紙面による保護者への啓発(※1)

(2)啓発用ポスターの校内掲示による全児童生徒への啓発(※2)

(3)「京都市小学校学校給食研究会」の資料作成グループによる給食カレンダーの紙面及び地産地消グループにより作成された視覚教材(全学校の全学年・クラスで使用)による全児童生徒への実施日当日の啓発


※1 献立表の啓発記事


※2 啓発用ポスター

広報資料のダウンロードはこちら。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室 農林企画課
TEL:075-222-3351

フッターナビゲーション