スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【取材案内】続!! 子ども食堂 × 農家 の連携について

ページ番号260388

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月27日

取材案内

令和元年11月27日

続!! 子ども食堂 × 農家 の連携について

京都市では,規格外等の野菜の有効活用や,食育を目的とした子ども食堂への市内産野菜の提供を目指し,農家と子ども食堂とのマッチングを行ってまいりました。

この度,伏見区内の農家団体であるJA京都中央竹田支部が,子ども食堂「すながわしょくどう」 に対しクリスマスパーティーに使用する野菜を提供しますので,是非取材いただきますよう お願いいたします。

1 日時

令和元年12月2日( 月 ) 午後5時~午後6時30分

2 場所

すながわしょくどう

住所:伏見区深草西浦町2丁目96 ケアサービス富士2階

3 提供者

JA京都中央竹田支部 農家5~6名

4 提供先

すながわしょくどう実行委員会

5 提供食材

ダイコン,エビイモ他(クリスマスパーティーに使用する野菜)

6 当日の内容

クリスマスメニューの提供による楽しい食事会のほか,飾りつけの工作などクリスマスらしいイベントを企画されています。

7 取材申込

取材いただける場合は,11月29日( 金 )正午までに子ども家庭支援課(TEL:746-7625 担当:野村)へ御連絡ください。

8 その他

本内容は,9月30日の取材案内でお知らせしました北区の農家団体「JA京都市大宮支部」が,同区の子ども食堂「やおいちゃんキッチン」で子どもたちに提供されるカレーライスの食材をお届けした取組に続くものです。

(参考)すながわしょくどうの取組内容

子どもや高齢者が中心に参加される子ども食堂で,深草管内福祉事業所有志の協力も得て,食事提供,遊び,体験を通じた居場所づくりの取組により,みんなが顔馴染みで挨拶のできる地域を目指しています。昨年度は年間12回取組を実施し,毎回40~50名,のべ520名が利用されました。

(平成30年度は取組の運営について専門家との意見交換やアドバイスを受ける深草支所の「まちづくりサポート事業」を活用)

・運営者:すながわしょくどう実行委員会

・開催回数:月1回(毎月第1月曜日)

・対 象:子どもだけでなく地域のどなたでも参加して頂けます。

・費 用:こども(中学生以下)100円,おとな300円

取材案内のダウンロードはこちらからどうぞ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室 農林企画課
電話:075-222-3351

フッターナビゲーション