スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】川の恵みを活かすフォーラムの開催について ~京都の川と大阪の海のつながり再興~

ページ番号258514

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年10月4日

広報資料

令和元年10月4日

農林企画課(TEL 222‐3351)

川の恵みを活かすフォーラムの開催について ~京都の川と大阪の海のつながり再興~

  「京の川の恵みを活かす会」では,鴨川・桂川・宇治川・木津川・淀川において天然アユなど水生生物の生息環境を保全するために魚道の設置や産卵床造成などの活動を実施しています。
 この度,「京都の川と大阪の海のつながり再興」をテーマに,下記のとおりフォーラムを開催しますので,お知らせします。
 フォーラム第1部は報告会,第2部は京の食文化を支えてきたアユやコイなどの川魚とシジミやウナギなどの浪花の食材を食べ比べられる食味会です。
 美味しく学べる絶好の機会ですので,お誘い合わせのうえ,是非ご参加ください。

日時

第1部    令和元年10月27日(日曜日) 午前10時~午後5時(雨天決行)

第2部    令和元年11月2日(土曜日) 午前11時~午後5時(雨天決行)

 

場所

第1部    京都大学防災研究所 宇治川オープンラボラトリー新館セミナー室

第2部    京都大学防災研究所 宇治川オープンラボラトリー屋外中庭

 

内容

第1部  川の恵みを活かす報告会 ~京都の川と大阪の海の大切なつながり~

 ○講演1「京都の天然アユを増やすために大阪湾で取り組むべき課題」 
   講師:中筋 祐司(京都市産業観光局農林振興室,活かす会サポーター)

 ○講演2「淀川の流量が天然海産アユ個体群に及ぼす影響と対策」
   講師:瀬口 雄一(京都大学工学研究科博士課程,株式会社建設技術研究所大阪本社,活かす会サポーター)

 ○活動報告
   国交省淀川河川事務所,芥川倶楽部,摂南大学,桂川流域ネットワーク,淀川河川レンジャー,
   木津川グループ河川レンジャー,やましろ里山の会,京都大学,京の川の恵みを活かす会,各漁協

 ○討論「川の恵みを増やし活かす流域連携の実践に向けて」 

第2部  川の恵みを活かす食味会 ~“京都”と“大阪”の川魚文化再興~

 ○川の食味×淀川河口の食味(味くらべ)
   京都の川の食材メニュー
    ・アユ(鮎)の塩焼き
    ・コイ(鯉)こく
    ・ナマズ(鯰)の蒲焼き
    ・ごり(鮴)茶漬け ほか
   淀川河口の食材メニュー
    ・ベッコウシジミ(蜆)汁
    ・天然ウナギ(鰻)の蒲焼き
    ・しらす釜揚げ ほか

 ○おにぎり,お茶の配布 

参加方法

(1) 参加費  第1部は無料,第2部は2,000円

(2) 申込み  FAXまたはEメールで,イベント名,氏名,住所,電話番号,参加人数をご記入のうえ,
         以下の申込先までお知らせください。

(3) 申込先  FAX:京都市産業観光局農林振興室農林企画課 075-221-1253
         E-mail:活かす会事務局 ikasukai.all@gmail.com

(4) 定員  第1部,第2部共に120名(※先着順)
        ※第1部のみ,第2部のみの参加も可能です。

本件に関する問い合わせ先

京都市産業観光局農林振興室農林企画課 TEL:075-222-3351

お知らせ資料及びチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

産業観光局 農林振興室 農林企画課
TEL:075-222-3351

フッターナビゲーション