スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】祇園町南側地区における観光客へのマナー周知・啓発事業等の実施について

ページ番号257741

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月12日

お知らせ

令和元年9月12日

京都市産業観光局(観光MICE推進室 電話:075-746-2255)

公益社団法人京都市観光協会(受入環境整備課 075-213-0070)

国土交通省近畿運輸局(観光部観光企画課 06-6949-6466)

 近年の観光客の増加に伴い,祇園町南側地区(京都市東山区)では,観光客のマナー違反が発生し,地域の皆様からは,早急な事態の改善を求められています。

 そこで,本年6月に地元協議会や東山警察署,学識経験者等で構成する「祇園町南側地区における観光客へのマナー周知・啓発検討会(以下「検討会」)」を設置し,同地区における効果的なマナー周知・啓発に向けた取組について検討してまいりました。

 この度,京都市は,国土交通省近畿運輸局を事業実施主体として,(公社)京都市観光協会及び地元協議会等と連携し,秋の観光シーズンの間,祇園町南側地区において,観光マナーの周知・啓発に係る実証事業を行うとともに,検討会構成員によるマナー周知・啓発を行いますので,お知らせいたします。

 

1 実証事業の概要

(1)実施期間

   令和元年9月30日[月]~令和元年12月8日[日]

(2)内容

 ア スマートフォン等へのプッシュ通知

 対応するアプリ(Japan Travel by NAVITIME,TRAVEL JAPAN Wi-Fi)をインストールしているスマートフォン等や,宿泊施設で無料貸出されているスマートフォン(handy)利用者等に対して,マナー情報をプッシュ通知 

 ※ナビタイムジャパンが提供する訪日外国人向けナビゲーションアプリ

 

 イ 巡視員による多言語での啓発・指導

 2名1組の巡視員(1名は英語又は中国語対応)2組が花見小路通界わいを巡回し,マナー違反をしている観光客を注意

 

 ウ 監視カメラ周知ポスター掲示

 監視カメラ(地元設置)で監視していることを周知するためのポスターを掲示


(3)効果検証

 実証事業前及び実証事業中に実施する,地域住民や観光客の皆様を対象としたアンケート調査や,監視カメラやWi-Fiセンサーを活用したマナー違反件数等を比較分析することで,実証事業による効果を検証する。

 

2 検討会構成員によるマナー周知・啓発事業について

 東山警察署,京都女子大学生活デザイン研究所,おおきに財団等の関係機関においても,祇園町南側地区においてマナー啓発事業が実施されます。

(1)パトカーでの多言語マナー啓発の実施(実証事業期間中:随時)

 英語・中国語などでマナー啓発を行うパトカーが花見小路通を巡回(東山警察署)

 

(2)マナーアップキャンペーンの実施(10/25(予定))

 京都女子大学生活デザイン研究所で制作したマナー啓発グッズを花見小路通で学生等が配布(京都女子大学生活デザイン研究所,祇園町南側地区協議会,東山警察署)

 

(3)ギオンコーナーでのマナー啓発動画の上映(9/30~12/8(予定))

 公演開始前の時間を活用し,ギオンコーナー前方のスクリーンでマナー啓発動画を上映(おおきに財団)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション