スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和元年度 ライフサイエンスベンチャー創出支援事業 「KYOTO発起業家育成プログラム」採択案件の決定について

ページ番号254829

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年7月19日

広報資料

令和元年7月19日

産業観光局(担当:新産業振興室 電話:222-3324)

 京都市及び(公財)京都高度技術研究所では,京都大学内に設置した「京都市ライフイノベーション創出支援センター」を中心に,ライフサイエンス分野の産学公連携による研究開発支援,事業化支援等を展開しています。

 この度,大学内の技術シーズ(種)の事業化を目指す大学発ベンチャーの起業促進に向け,起業意欲を持つ人材を対象に,ビジネスモデル構築等の実践的な支援を行う,ライフサイエンスベンチャー創出支援事業「KYOTO発起業家育成プログラム」の採択案件を決定しましたので,お知らせします。

採択結果

1 採択件数

  3件

2 採択テーマの概要

 (1) ドラッグ・リポジショニングによるニキビやケロイドの外用薬開発

 (2) 超大規模RNA構造スクリーニング技術を用いた創薬支援事業

 (3) iPS細胞技術を用いた呼吸器疾患創薬基盤の事業化

※ 採択者名及び採択案件の詳細(技術シーズ(種),起業アイデア等)については,起業前であるため,非公開とします。

事業概要

1 目的

 ライフサイエンス分野(先端医療技術,医療機器,ヘルスケア,福祉・介護等)においてベンチャー起業を目指す人材に対し,ビジネスモデル構築等の支援を行い,新事業の創出を図る。

2 対象者

 ライフサイエンス分野において,大学等の技術シーズをテーマとしたビジネスモデルにより,京都市内で採択年度の翌年度末までに,ベンチャー企業の創業を目指す者。

3 支援内容

 ア メンター(※)によるハンズオン支援
   ライフサイエンス分野において,ベンチャー起業経験のあるメンター等による
   ビジネスプランのブラッシュアップ,メール等による随時相談対応

 イ ビジネスプラン構築に係る調査の実施
   競合特許調査,市場性調査等

 ウ 専門家派遣
   弁護士,弁理士等との個別相談

 エ 会議室等活動場所の提供

(※)メンターとは,課題解決に向けた作業の進め方や考え方,起業家としての心構えなど,
   支援対象者の業種・業態・成長フェーズを踏まえて,総合的な助言を与える者。

4 支援対象期間

  令和元年7月19日~令和2年3月31日

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局新産業振興室

電話:075-222-3324

ファックス:075-222-3331

フッターナビゲーション