スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】地域と連携した観光と市民生活の調和推進事業補助制度の募集開始について

ページ番号253775

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月19日

広報資料

令和元年6月19日

京都市産業観光局

(観光MICE推進室 746-2255)

地域と連携した観光と市民生活の調和推進事業補助制度の募集開始について

宿泊税財源を活用し,観光課題の解決に取り組む,地域の皆様を支援します!

近年,京都市では外国人をはじめとする観光客の増加に伴いマナー問題や混雑などの観光に起因する課題が生じています。

こうした観光課題を解決し,市民及び観光客の安心・安全を確保することを目的に,地域団体等が自主的に取り組む活動を支援する「地域と連携した観光と市民生活の調和推進事業補助制度」の募集を開始しますので,お知らせします。

 

1 補助制度の目的

 市民及び観光客の皆様の安心・安全を確保し,両者の満足度向上及び観光と市民生活との調和を図るため,観光によって生じる様々な課題の解決や,地域の観光振興及び活性化を目指し,各地域での自主的な取組に対し,支援を行う。

2 補助対象団体

 

 市内在住者,市内に通勤又は通学する者等によって自主的に組織された団体。

 (例)保勝会,自治会,地元協議会等

3 補助対象事業

(1)観光課題解決事業

 (補助率:対象経費の2/3以内,補助上限額:1,000千円)

 マナー啓発や混雑緩和対策等,観光客に起因する課題の解決及び市民及び観光客の安心・安全の確保に資する事業。

 

(2)地域観光振興及び活性化事業

 (補助率:対象経費の1/3以内,補助上限額:250千円)

 緑化整備(植樹,樹木の維持)や看板・案内誘導板等の整備・修繕等,観光客の利便性向上,地域の観光振興

 及び活性化など,観光景勝地の維持・発展に資する事業。

 

4 今後のスケジュール

・6月20日(木曜日)~7月11日(木曜日) 申請受付

・7月12日(金曜日)~7月31日(水曜日) 審査

・8月 1日(木曜日)              交付及び不交付の決定

 

5 その他

(1)観光課題解決事業及び地域観光振興及び活性化事業の併用は可能ですが,どちらも申請された団体は,
1,000千円/団体・年度を上限とします。

(2)京都市及び他の行政機関から補助を受ける事業及び営利目的の事業は補助対象外となります。

(3)平成31年4月~令和元年7月末までの事業も,審査のうえ,補助対象事業とします。

6 参考(昨年度に本補助金を利用し観光課題を解決した事例)

(1)観光客の急増により安全性が確保できないことから「桜のライトアップ」を中止していたが,本補助金の活用により警備員を増員することで,安全対策や迷惑行為の抑制,混雑緩和を図ることで「桜のライトアップ」を再開し,多くの観光客及び周辺住民に安心安全な催しを提供した。

 

(2)外国人観光客が急増している地域において,混雑やマナー違反が日常的に発生していたが,本補助金の活用により警備員を増員することで迷惑行為を抑制し,周辺住民の安心安全を確保した。

7 提出先・問合先

【申請書提出先】

 公益社団法人京都市観光協会(担当:高木,形谷)

 FAX:075-213-1011/MAIL:collabo@kyokanko.or.jp

【本事業に関する問合先】

 京都市産業観光局観光MICE推進室(担当:鈴木)

 TEL:075-746-2255/MAIL:kanko-mice@city.kyoto.lg.jp

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 産業観光局観光MICE推進室

電話:075-746-2255

ファックス:075-213-2021

フッターナビゲーション